FC2ブログ

Welcome to my blog

まむちみ

まむちみ

〇東海道散歩も一段落。鎌倉の友人宅に二泊後、せっかくだから、と市内観光をします。

〇友人曰く「はっきりいって見るところがない。」とのこと。市内は近代化しすぎてしまい、昔の鎌倉の良さがない、といいます。「世界遺産に、って頑張ってるけど、20年前ならいけたかも、って感じ。手が入りすぎ。鎌倉の本当の雰囲気が壊れてしまった。」と悔しそうです。それでも「あの山は春になるとウグイスが鳴いて風流だよ。」とか「今なら江ノ電もガラガラ。夏は行くとこじゃないが、冬はいいよ。」と鎌倉愛を見せてくれました。うちの祖先も500年前まではここにいたらしい、と話すと「図書館にでもいけばあるいは・・・と思うけど、なにせ歴史が古い街だから特定の情報がないと手掛かりつかむのは無理っぽいね。」との反応でした。

〇早速市内に入ります。JR鎌倉駅を起点にお散歩開始です。

〇勧めに従い、最初に宝戒寺というお寺に行きます。パワースポットだそうで、仕事、恋愛運とかに効くそうです。写真を撮ったんですが載せられません。妙なものが写っています。立派な仏像が数体あります。中に入って拝みます。

〇次に鶴岡八幡宮に行きます。

鶴岡八幡宮
(大きなきれいな神社です)

〇歴史資料館もあります。ご先祖探しに、と入館したかったんですが、冬期閉館中でした。

小町通り
(小町通り。お土産屋さんがいっぱいです)

〇生シラスが有名、と聞きましたが今はシーズンオフなのか、売ってませんでした。普通のシラス丼を食べさせる店はありました。

〇鎌倉は小辻が多く、街の観光地を歩くより、細い小路を歩くのが風流で吉。あちこちに石碑があり、ここで云々、あちらで云々、と書いていますが、読むと疲れるので読みませんでした。

〇3Kmほど歩いて終了。突然体調を壊します。疲れではなく、ボヤッーっという感じ。帰路につきますが治りません。宇都宮で途中下車して

餃子館 宇都宮市
(餃子食ってスタミナつけましたが)

〇治らない。しかも不思議な現象が起きます。私しかいないのに、私の通る前後で何度も自動ドアが開け閉めされます。試しに自動ドアが感知しないあたりでその前に止まると自動ドアがずっと連続開閉します。なんか、普通じゃない。そこで本屋に立ち寄ります。あの寺か?と調べます。

〇ありました、宝戒寺。後醍醐帝の勅願。北条氏の菩提寺。1333年、最後の執権北条高時が自刃、その一族等809名が自害、あるいは殺害された、鎌倉幕府終焉の地。・・・そういえばミツウロコマークの石灯篭があったような・・・だいぶお友達を連れてきてしまったようです。にぎやかな修学旅行といった感じ。

〇ついに福島市で宿をとります。歩けなくなる自分がいます。勘弁してくれ、と思いながらも爆睡。死ぬ夢を見て起床。だいぶ体調は治っています。こうなりゃヤケだ、と早朝に米沢行の鈍行に乗り込みます。厳冬の東北にご招待です。だいぶ人数も減ったのか、ホテルの自動ドアの開閉回数も減りました。JR奥羽本線を北上、雪深い板谷駅から峠駅にかかるころ、ほぼ回復。そして米沢駅で誰もいなくなったようです。あまりの寂しい風景にいやになったんでしょう。「お前、どこまで行くのよ?」と不安になったのかもしれません。全快しました。

〇彼らは修学旅行のお礼なのか、私の足のマメを完治させてくれました。朝、あれだけ腫れ上がっていたのに、わずか3時間、跡すら残っていません。ズシリとしたリュックを背負って凝りまくっていた肩も軽い軽い。また遊びにこい、ということなんでしょう。鎌倉すごいなあ、と素直に感動しました。まさにパワースポットです。多少騒がしく迷惑ですが、なんらかのお礼をしてくれるようです。

〇今回はこんな感じで江ノ電に乗れずに終わりましたが、落ち着いた感じのいい散歩コースです。運がいいと体を治癒してくれるお友達に出会える街でもあります。


人気ブログランキング
スポンサーサイト
最終更新日2019-02-09
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply