メタボルマン

旧羽州街道を歩く 大曲~神宮寺

〇先週は最上川が久々の氾濫で大わらわ。あちこちで交通が寸断され私も通勤に倍近い時間がかかりました。

川幅いっぱいの最上川
(夏の雨 あつめてあふれる 最上川)

〇いろいろあります。でも、こんな時代でも楽しめることはあるわけで、私の羽州街道旅がそれにあたります。

〇土曜日の正午、山形を出発します。全体的に晴天ですが、ところどころに黒い雲。雨具をきたままのツーリングとなりました。土砂降りと猛暑を繰り返す不安定な天気に疲労困憊の4時間。

〇ついこの間生き返ったばかりのニコン。シングルエンジンの振動と全身に受けた激しい豪雨の中、完全に息を引き取りました。街道旅の過酷な環境の中、福島県桑折からよくぞ大曲まで戦ってくれました。感謝しながら電池を抜き取りました。

〇2日目、ホテルの方にお願いしてバイクを置かせてもらい、羽州街道を北上します。

朝の大曲駅
(AM9:00 大曲駅前です)

〇煙草と時刻表と情報の入手に動きます。「刈和野・・・まで歩くんですか?うそ!」「神宮寺まで?歩いたことないから・・・」ジモティは山形人以上に車社会に生きています。電車は1時間に1本。まずまずの便ですが、山形に帰る時間を考えると午前中勝負となります。

花館から大町へ
(AM9:25 花館から大町へ)

〇街道沿いに神社があるとお参りする私ですが、三本杉神社というのがあって「亡霊塚」と書いてあります。さすがにパスします。なんかお相撲さんの四股名みたいな石碑がありました。お地蔵さんも多い道です。

玉川と神宮寺岳
(AM9:50 玉川と神宮寺岳)

〇秋田らしいのどかで美しい風景です。右岸にある小さな原っぱが玉川大渡しの跡なのでしょう。

〇神宮寺に向かう道すがら、この神宮寺岳がまん丸に街道を見下ろすようにそびえます。わずか200Mそこらの山ですが存在感があります。

神宮寺の街
(AM10:35 神宮寺到着です)

〇あとは駅から大曲へ帰ります。散歩距離は8.5KM。数分でJR大曲駅に到着。1駅区間です。味のあるコースです。朝早めに出ればお昼には刈和野まで歩けそうです。力が余っていたので大曲市内をしばし歩き、トータル15KMでお散歩終了です。

〇残念だったのがガーミンナビ。普通の充電式電池だと3時間もすると電源切れです。リチューム電池入れないとダメみたいです。

〇あと、朝早く出たかったらホテルは安宿が1番です。「GO TO キャンペーン」にあやかり、私にしては上々のホテルに安く泊まったんですがこれが失敗。居心地がよく、朝食までホテルで食べてしまい、チェックアウトが遅くなりました。

〇そしてバイク。移動費の安さからついつい使ってしまうのですが、200KM近いバイクの移動は「散歩する力」を吸い取ります。

250TR 長旅仕様
(250TR この頃一段とへたってきました)

〇わが愛車達の中でも、このTRはとにかく手がかかります。調子がいいと峠道もSRより上るくらいです。でも一旦トラブると悲惨です。今回も整備してからの出発となりました。SRの後ろに大型荷台をつけ長旅仕様とするか、新車でセローを買うか、悩みどころです。どっちにしろ、息子が免許をとったら譲る予定です。多分TRも喜んで息子を乗せてくれるような気がします。初心者の練習用、整備用にピッタリですね。

〇今度こそ、JRで移動ですね。


散歩・ウォーキングランキング

スポンサーサイト



数学1 むずいです

〇数1Aのお勉強をして15時間。因数分解と集合などを終え、全体範囲の15%くらいは進捗しましたが、難しいです、高校数学。覚えるボリュームも多く、マメタンはすぐに厚くなり、呪文のように反復音読しています。マセマで予習しても、実際白チャートを前にすると最初のうちは問題が解けません。

〇愚直に1問1問問題を解き、都度チャートガイドも確認します。なんとか基本問題が解けるようになると、この年でも「よっしゃー!」とうれしいものです。ですが、ちょっとひねられるととたんにペンが止まります。解答への道筋つけが必要になります。「うーん」とうなります。センター試験の過去問レベルになると「難しくない、これ?」と頭を抱える私です。

〇中堅、難関とレベルが上がればさらに問題もグレードアップ。「ぐはあ!」とため息をつきながら5分くらい式を眺めてウンウンうなります。解けません。

〇息子の赤本をめくります。東工大の過去問です。「出る目の確率が一定ではない、イビツなサイコロがあり云々」・・・・・・誰がこんな問題解くの?正直思います。東工大に入る学生の数学のレベルが「ケンシロウ」クラスだとすると、今の私は「あんだーー?」とか言いながら彼に近づき、秘孔を突かれ爆発する「モヒカン男」、くらいのものなのだと思います(それ以下かも)。でも勉強してなかったら、その実感を得ることが出来なかったわけで、「すごいなあ、ここの学生!」と素直に思えることがうれしい私です。

〇私は数学的視野を持ちたいと高校数学を勉強しています。受験勉強をしているのではありません。地道に一歩一歩進めていけばいい、と気楽にやっていくことにしました。例えば「集合と命題」の考え方なんかは仕事でも使えそうです。

梅雨空の山形
(今日は大雨。仕事も定刻で切り上げです)

〇なんだかんだ言って、数学、楽しんでます。


人気ブログランキング

数学1Aの勉強の進め方を考えてみました

〇マセマ教科書で学習を5時間。やった先から忘れていく私。このままでは全く身につきません。効果的な勉強方法の確立が早期に必要となりました。

〇ない知恵は借りることにしました。塾の先生に聞いてみます。元教師だったようですが、数学の先生ではありません。「青チャート!」「は?青チャート?なんですか、それ?」「知らない?王道です。俺も受験のころやったなあ。」

〇「公式次々と忘れていくんです。マメタンしかないと思うんですが。」「公式は少しでいい。実戦実戦!」「体で覚えろと?」「問題をこなしていけば見えてきます。」さっそく息子から借りますが

青チャート
(受験数学の王道だそうです)

〇はっきり言います。これ読んでスイスイ解ける人は再勉強する必要はありません。私の理解レベルをはるかに超えています。

〇出来が良かった同級生に電話します。「最初から成績が良かった人」の意見は参考にならない(「なぜそんなことが分からないの?」とこちらの悩みが理解できないケースが多い)ので、「コツコツ積み上げ型で最後に逆転、難関大に合格したタイプ」の友人をピックアップ、そのうちの1人に聞きます。

〇「教科書が1番いいけど・・・社会人で時間がない中なら予備校の先生が書いてる分かりやすいテキストがいいと思う。立ち読みでさらっと読んでみて、しっくりくる参考書。」「マセマっていうのがそれ。でも読んでる先から忘れる。青チャートは歯が立たない。」「じゃ、白チャートは。」「白チャート?」「基本から1問1答式で進む感じ。ドンドン進むから達成感はある。しかし・・・何で数学やるの?」「今さらながら目覚めた。強制じゃなく自学でやると楽しい。」「体が知識を欲しているんだよ。遅咲きなんてない。やるだけやってみたらいいよ。」

白チャート
(白チャートです)

〇これならなんとかいけるかも。チャート式では1番簡単なレベル、だそうですがちゃんと基礎が身につくらしいです。数学は基礎が分からないと応用も当然分からない積み上げ型の知識習得型教科。「マセマ」と「白チャート」にかけてみます。

〇勉強の方法が決まりました。最初はこれまで学んだ公式を15分程度でマメタンめくり、次は1時間マセマで予習。あとは白チャートで問題を解きを1時間。1日の勉強時間を2時間半弱と決めました。ポイントはその日覚えた部分の問題解きではなく、最低予習から3日(72時間)以上たった部分の復習とし、脳内のメモリー記憶をHDD記憶に変換していく予定です。どうしても分からないところは黄色本でテク習得、それでもだめなら塾の先生からタダで聞く、とりあえずこの方法で進めてみます。

〇自分にとって難しい高校数学。数1Aは2.5H×60日の150時間、3か月かけて勉強してみます。その後、数検の準2級を受験予定です。


人気ブログランキング

高校数学をやってみる

〇今日は数検3級の試験を受けてきました。コロナで3か月遅れの開催です。2日前からマメタン開いてブツブツ念仏のように公式をつぶやき・・・結果は・・・来月分かるようです。会場ではブッチギリの年長者でした。小学生のような女の子もいました。となりのお嬢さんは静かにスラスラ解いてたような感じ。時間があまっておねんねしてました。その横でヒイヒイいいながら答案を書く私がいました。

〇私はこの秋、別にビジネスの資格試験を受けます。肩書があると仕事上何かと便利だったり、資格を持っていないとその分野の仕事が出来なかったりするため、今までも何個か資格を取得してきました。どれも実務にはあまり役にたちません。今回も現実を踏まえぬ理想論を滔々と論じた最高につまらない資格試験です。私にとっては中学数学の方が難しいけど素直、だと思えますし、考え方が新鮮で、新たな視野を開いてくれました。

〇高校数学の勉強を資格試験の息抜きの時間にやってみようか、と考え

はじめからはじめる数1
(半年ぶりにピラピラめくってみました)

〇中学数学の内容もチンプンカンプンだった半年前に比べると「なんとなく続きっぽいな・・・」という感じで内容をめくれました。難しそうです。サインとかコサインとかシータとか、なんで人を寄せ付けないオーラを出すんでしょうね、高校数学って。

センター数学黄色本
(こっちのほうがいいぞ、と息子が持ってきた黄色本です)

〇めくってみました。やっぱり・・・「マセマ」にします。今の私の力ではついていけそうもないです。そもそもマセマにしたって難しい。覚えた先から忘れそうです。

〇知識はもちろん0。現役時代もほぼほぼ0。めっきり衰えた記憶力。偏差値番外地からの高校数学スタートです。やれるだけやってみよう、と思います。だめならだめで、あきらめればいいだけです。できるだけ楽しく勉強しようと思います。


人気ブログランキング

旅の軍資金の調達について

〇私はなるべく家計に自分の趣味のお金をのせないよう、投資のあがりであちこち旅をしています。

〇今年の旅費はほぼ確保しました。雨も続くし、外出れないし、来年の軍資金も作っとこう、とお昼休みにネットで10分くらいチマチマと売買します。でも、この頃は怖くて売買をためらっています。


~ここからはあくまで私の考えです。素人の単純発想なので「そんなことないぞ!」と思って読み流してください~


〇あまりにも現実離れした株価。高すぎます。早めに今の投資金も現金化しないと身銭も切られる気がします。

〇日本の実態株価は日経平均で12,000~13,000円といったところだと思います。株価が半年後の指標としても、15,000円がいいところ。それが22,000円台です。

〇例えば、お店に行っても今は席を一つ置きにしてみんなご飯を食べています。売上は半分ですね。当然利益は半分以下です。なのに、株価はコロナ前並みに戻っています。

〇株価に市場メカニズムが働かないのは、たぶんいろんな国が財政出動してまで株価を支えているからなんでしょうが、恐いのが実態経済との乖離で、いつかは現実値に戻ります。その時のショックは・・ちょっと予想がつきませんが、たぶんバブル崩壊の時に近い衝撃が来ると考えます。

〇バブル時代、私は学生でしたがバイト代で月20万~30万円もらえた時代です。それで破綻した時が日経平均で確か40,000円くらい。ただ、今言った通り、実態経済はかなり羽振りがよく28,000円くらいいってた感じでしたので1.4倍増しのバブルです。

〇今は15,000円が22,000円。同じ1.4倍です。あの時と違うのは、みんなお金がないこと。株価だけ高い「貧乏バブル」とも言うべきバブルですが、ツケの払いはやっぱり来ると思います。なんか損する気分です。

〇もう少し正直な株価の方が安心できますね。12,000~14,000円台まで落ちても、「今後に期待」で株価は徐々に戻す気がします。みんなで16,000円くらいで2,3年買い支えていけば、その中で新しい事業も生まれ、10年もすればまた20,000円にのって、日本も再生すると思います。今のようなウソ値だと恐くて買えないです。

〇今の世の中、個人間売買や貸借、電子マネー決済がどんどん増えてます。銀行や証券会社を介して金融制御、とか、中央銀行がオペして金の流れを操作、なんてやったところでたいした効果が出なくて当たり前です。国が金を制御できない時代に無理な操作をしても、混乱と将来への大きな負債を作るだけ。ここは市場メカニズムに任せてもいい、と思います。結局のところ、落ち着くところに落ち着くと思います。人は馬鹿じゃない。馬鹿じゃないから「この線で」の妥協点がほぼほぼ国の考える線とニアになる、そんな気がします。今の世界がかなり密接につながってるからこそ出来る芸当です。

〇いずれにせよ新しい旅費稼ぎの方法、考えなきゃ。


人気ブログランキング