メタボルマン

SRにホムセン箱をつけてみる(お買い物編)

〇SRでお出かけする際、とても困ることがあります。

〇荷物が全然つきません。まともなキャリアもありません。今回も安達までリュック背負って走ったんですが疲れます。

〇TRみたいにホムセン箱を付けたいと思うんですが

SRのリアキャリア
(人が乗れるくらいに頑丈と評判のボアエースのリアキャリアですが、なに乗せるの?ってくらい小さいです)

〇このバイクは恰好が全て。よってキャリアも「形を壊さないように」なんだそうです。また単気筒エンジンの振動に耐えられず破損するリスクを避けるメーカーが多く、品数が少ないとも聞きます。

〇どんなバイクもキャリア付ければカッコ悪くなりますよね。それでも旅野郎は必要だからつけます。「カッコよく」なんて考えないと思います。また「言うほどの振動か?」とも思います。パンクレスタイヤを履いたドロップハンドルの自転車の突き上げに比べれば屁みたいなものです。

〇どの道自作マウントが必要です。

〇この頃増えたホムセン箱の取り付け方法のブログ達。今度はこちらがお知恵を拝借する番ですね。期待してみてたんですが・・・SRのは・・・あんまりないですね。あってもかなりの本格的DIYによる製作で木工、パイピング、金板組み込み、さらには溶接と持ちうる力を駆使して仕上げています。「やっぱりみんな苦労してるんだ。」って思います。

〇こうなったらオリジナルの「素人でもできる!SRの簡単ホムセン箱仕様」を作るしかないんですが、今回は全然イメージが湧きません。とりあえずホームセンターをぶらついて、なんかいいものがあったら買い込むか、とブラブラ出かけます。

〇ムサシをうろつくこと1時間。あーでもないこーでもないとパーツを手に取りながら考え買った商品がこちらです。

SR用ホムセン箱
(本体と下敷きの金具4本)

〇これは従来と一緒です。

SR400 リアマウントの材料
(リアマウントの材料)

〇適当に買いました。M8の1.25で口径とピッチを全て合わせています。

〇この仕様の売りはマウントの基盤が「アルミのパンチング板」だということです。M8径の穴が無数にあいてますので加工がしやすく、至る所にボルトを突きさせます。軽量頑丈で耐久性もあります。雨水も真下にスルーしますので乾きやすいんじゃないでしょうか。ネックは板の四隅の鋭い角や側面部ですね。このまんまだと「切り傷製造機」になります。1,000円ちょっととお値段も許容範囲です。

〇一応材料を書きますので、SRを旅仕様にしたい方は参考にしてください。ただしうまくいくか分かりませんので、完成までお待ちいただいた方が無難と思います。頭の中では出来てます。

〇「ああ、なんとなく分かった。たぶん俺作れちゃう。」という方は制作いただき、完成した車体や構造図を是非私にお教えください。

(本体)
・ホムセン箱は600シリーズで底平型 1つ
・アンダープレートは35CMでM12口径2穴とM4穴数か所(M8穴ならベストです) 4枚

(リアマウント)
・アルミパンチング板(30CM×45CM)M8穴仕様 1枚
・2倍筋交受け(M8穴用) 4つ
・ステンレスワッシャーM8 18枚
・ステンレス6角ボルトM8×4CM 10本
・ステンレス6角ボルトM8×2CM 10本
・蝶ネジ貫通タイプM8 10個
・6角ナットユニクロM8 10個
・アルミプレートM8用 3CM×20CM 4つ

〇ホムセン箱本体とアンダープレートで3,000円、リアマウント材料一式でなんと5,600円、合計8,600円の大出費です。TRの時の倍かかりました。ちなみにリアキャリアも小さいくせに倍しました。「お前金かかりすぎだ。」とSRに声をかけます。

〇もしかしたら普通に市販のパニアケース買った方が安かったか?と一瞬思いましたがその考えは打ち消すことにしました。

SRにホムセン箱 仮配置
(仮組みしてみました)

〇ダサさ漂うリア周り。なんかプレスカブみたいです。

〇現場合わせで適当に組んでいく予定です。ちゃんとできるか心配ですが、SRのホムセン仕様を作っていきたいと思います。

スポンサーサイト



旧奥州街道を歩く 安達駅~金谷川駅

〇安達駅に降り立ち奥州街道を再び歩きはじめます。私のライフワークみたいなものです。

安達駅のバイク置き場
(駅の東西に無料バイク置き場があります。)

〇とりあえずベイシアの「大盛チャーシュー麺」を食べて、正午過ぎに北上します。

〇凄まじい炎天下です。小さな丘を2つほど抜けると

二本柳宿
(13:30 二本柳宿)

〇ひっそりとした集落ですが、ところどころに看板があり往時の宿場町であったことを今に伝えます。

〇さて、この地区はちょっとミステリアスです。廃業したと思しき旧商店の前にある自販機で水を買おうとしました。と、自販機からなぜか視線を感じます。「アホか俺は。」と思ったんですが、危険信号が体に走り、自販機相手に身構えます。獣じゃない。人の視線?自販機?なんで?殺気はないんですが、悪意、というか押されるものを感じます。

〇2台並んだ自販機。よく見ると自販機の間のわずかな隙間から窓ガラスが見えます。「!」・・・なんと自販機の後ろにくっつくみたいにサッシがあり、それが開いてて部屋が見えます。居間か?一見誰もいません。でも背中の冷たい刺す様な感覚が続きます。「誰かがいる・・奥か?見てる・・・こっちを。」薄暗い奥の見えない方から波動が来ます。私は気づかぬふりをしてペットボトルをリュックに差し込むとその場を去りました。

〇気を取り直し1リットルほど水分を口にしたころ

取揚の峠
(13:40 取揚の峠に入ります)


取揚山頂
(全く涼しくない山頂付近)

〇地名から関所があった場所?もしくは通行料を取った場所ですね。青臭い雑草が生い茂る道が突然開け平地となります。

八丁目宿
(14:30 八丁目宿)

〇ドラッグストアの前でガリガリ君コーラ味を頬張りながらアルプスの天然水をグビグビ。至極の味です。「うめー!」と叫んでしまいました。と、また背中にピリッと寒い感覚が。なんだ?と振り返り周囲を見渡すと20Mほど後ろに軽自動車が停まっていて、乗ったおばあちゃんがじっとこっちを見ています。

〇「今度はこっちから行くか。」と意を決し「こんちは!」と笑顔で手を振ると逃げるようにその場を去ってしまいました。やっぱりじっと見てたんですね。殺気はなく悪意。自販機とは別人です。

〇福島をまわってここがはじめてですね。旅人装備であるくオヤジは田舎に行けばどこに行っても多少は物珍しげに見られます。でもこういう危険信号を伴う視線を感じたのははじめてでした。疲れるのでやめて欲しい、と思います。

八丁目宿のメガネ橋
(八丁目宿の通潤橋)

〇この橋が出来たころはたくさんの人がここを通り、地元の人々は往来相手に商売をしていたんだと思います。

〇古い宿場町の山際を抜けると、松川美郷の新興団地に出ます。

松川美郷
(15:10 八丁目宿と対照的な真新しい街、美郷)

〇あとは旧街道を北上し、金谷川駅でゴールです。JRで安達駅に戻り本日のお散歩終了です。

〇お散歩時間約3時間。お散歩距離13km。ついに白河~桑折を走破しました。今後は桑折~白石間を歩きたいです。

山形で行列ができる外食店の条件

〇SRを60KMほど乗り、異常ないことを確認してしまいます。

〇郊外部を流してきましたが、「ガスト」が「バーミアン」になってました。つぶれますね。

〇この頃、山形市では外食チェーンが出てはつぶれ、出てはつぶれています。たぶん、この街の人のニーズを知らないからですね。

〇そこで今日は外食でこんな店が出来たらたぶん「行列必至」の条件をコテコテ山形人の私が書きますので、進出を考えている方は見ていただけるといいと思います。本音で書きますので地元の方たちは「んだんだ。ほつけな店あったら絶対いぐ!」って言うと思います。

〇鉄則その1。安いこと。「山形人は貧乏」いう前提を考えないと商売はできません。定食500円。ゲソ揚げがおかずでもいいんです。肉も外国産の脂っこいものでもOKです。品質なんて問いません。

〇鉄則その2。「健康志向」なんていらない。「おいしい野菜」とか「おいしい果物」は普通に山形人は家で食べてます。農業先進県です。そんな食材に恵まれた県民に「鮮度の高い野菜とか果物とか肉」・・・意味はありません。

〇鉄則その3。カロリーなんて考えない。外食は太る、それを受け入れる土地です。女性も都会ほどダイエットしてません。だいたい美人が少ない土地柄です。見かけもおしゃれからは縁遠いので「これ食べたら太る!」っていう人は少ないです。ラーメンを音高らかにズルズルすするのが山形女子です。手鼻もかみます。食後のソフトクリームも大好きです。

〇鉄則その4。量が多いこと。「腹パンパンだ!」が幸せの1つの形と考えている人も多いです。とにかく食べるのが好きです。安物でも「ドカッ」っと出ると「やんばいきたー!」と喜びます。

〇鉄則その5。麺類で勝負するのは避ける。蕎麦、ラーメンは全国でも消費量がトップクラスです。この分野だけ舌が肥えてます。よってよほどのうまさがない限り「まずいっけ、あそこ。」で終わります。勝負するならうどんです。うどんは食いつけませんので「こんなもん?」と黙って食べます。ただ、圧倒的に「蕎麦文化圏」なので売れないかもしれません。

〇と、こんな感じで考えます。たぶん流行る店は「アメリカンなワンディッシュ油脂ぎっとりランチ」の店です。アメリカ映画でよくそういう店でコーンのなんかぐちゃくちゃに混ぜたのとか、えらくデカい肉とかをソースやタバスコをバカバカかけて食べるような店。カフェテリア?ドライブイン?あれです。

〇ギラギラ定食にスープ付けてコーヒー付けて700円から1,000円。1,000円超えれば客足は一気に半減するでしょう。目新しさと「なんかアメリカみでな。かっこいいんでね?」という新鮮さ。絶対受けます。というか個人的にもそういう店作って欲しいです。もちろん量は多く、口の回りが「油脂でテロテロ」は外せません。若者や肉体労働者中心に人気が高まることまちがいなし。私も金があればそういう店を作ってみたいくらいです。

〇夜は「イギリス風のスタンドパブもどき」に変身。ガソリンスタンドのトリガーみたいなものを手にビールタンクを背負いながら注げば大いに受けると思います。一杯300円なら1人3~5杯くらい煽ると思います。一度飲むとガンガン入るタイプも多いので量が出ます。

〇ただ、小金持ちも少数存在します。高齢者に多いのでそういう方をターゲートにするなら、逆に量は抑え「小皿爆弾」、つまり松花堂弁当よろしくチマチマ皿多いよ定食1,000円でしょう。これも受けると思います。客層もいいでしょう。「ちょっとおしゃれな隠れ家的ランチ」、こういうのに小金持ちは喜びを感じます。その感覚をくすぐってあげるといいと思います。

〇こんな感じのお店、あったら山形受けすること間違いなしです。基本的に貧乏。ゆえに外食には刺激と小さな幸せを求めます。「いがった。まだいぎだい。」と一度言わせれば忘れたころにブラっときて、それがずっと続きます。こういう人を何人持つか、それでこの街でやれるかやれないかが決まります。

〇その土地特有の事情を知らないと、たぶんどこに行っても売れるお店は作れない、だから地元の人を雇ってメニューや価格に意見させるのはとても大事です。結局のところ、店がうまくいくもうまくいかないもジモティが答えを持っているわけですから。大企業の経営戦略室が理屈で考えてもつぶれるのはそういう仕組みだからです。そこのエリートよりずっとまともで実に簡単な解決法を導けるのは、実は地元のおばちゃんだったりします。外食店もそう考えると面白い事業ですね。

SR 直しました

〇今しがたSRの修理が終わりました。

〇今朝から修理です。今日はインジェクションをばらそうとしていました。そこへ車の整備工の友達がちょうどレガシィを引っ張りにやってきました。レガシィがオーバーヒートでラジエータークーラントが沸騰。踏んだり蹴ったりです。サーモスタッドがどうこういってました。

〇私がバイク不動の症状をいうと「バイクは専門外だけど・・・どれどれ」と近づきますが、腕を組み真剣な表情でたたずみます。「まずい?・・・重症?」「いやあ、これは!」「なんだよ。正直に言ってけろ!」高額修理を覚悟します。「かっこいい!なんてバイク?」「SR。」「ヤマハのSR?これが?すごい美人でねえが!」・・・ビビり損です。

〇SRを見るとみんな「男前」でなく「美人」っていいますね。ハーレーみたいな太マッチョバイクが「男前」なんだと思います。SRは華奢なので「美人」になるんでしょう。

〇「そりゃあSRは美人だ。それだけが取り柄だ。」「ハハハ!」「それよりなしてうごがねんだべ?」「インジェクターじゃねえ。」「そう?」「ダメならそもそもエンジンがかからねえ。」「ポンプは洗ったしな。」「ウィーンってモーターは動いでるし・・・タンクからホース外すべ。」

〇「燃料が一滴も出ないのは電子制御だがらだべ?」と聞くと「いや、これはたぶん自重で落ちる」「じゃあこれって・・・」「タンク錆でねが?エア吹いでみろ。」ホースからタンク側にエアを吹きます。すると、わずかにしみるようにガソリンが落ち始めました。「たぶん・・・ガソリンがきてねえよ、タンクから。だからガス欠で停まっちまう。たぶん腐ったガソリンと錆でコックの先っぽのフィルターが目詰まりしたな。」

〇彼がレガシィに乗って出勤した後、私はSRのタンク下のガソリンコックの本体をタンクから外します。するとものすごい臭気とともに赤茶けたガソリンと錆が1.5ℓも出てきました。目詰まりしたコックをキャブレタークリーナーに2時間ドブ漬けにします。フィルターは「キュキュッと濃縮タイプ」を惜しみなくかけ丸洗いします。タンク内にパーツクリーナーをガンガン吹きながら干します。錆と腐ったガソリンがクリーナー液に混じりながらドロドロと排出されます。

〇2時間後、コック穴をガムテープでとめて、TRから取ったガソリン2リットルをタンク内で振りまくり、最後の洗いをかけます。それを捨てて新しいガソリンを入れます。ためしにホースにつながずガソリンをタンクに入れるとガソリンコックからレバー位置がOFFでもONでもガソリンがガバガバ出てきました。やはり自重式供給でした。原因は彼が言ったようにコックフィルターの目詰まりによるガソリンの供給不良でした。ホースをつないでエンジン始動。SRは何事もなかったようにアイドリングします。スルスル走ります。すぐにGSで新しいガソリンを満タンに詰め込みます。直りました。

〇彼は言いました。「エンジン周りはこう考えるといい。動かねえのは火花、空気、ガソリンのどれかがまずいからだ。今回の場合、エンジンはかかるけど失火するんだからプラグはねえ。ちゃんと新品に代えたみたいだしな。エアクリも掃除機で吸ったと聞いた。問題ねえが、エアクリからエンジン側の通路に黒い煤や水分がたまるとエンジンがガタガタいう時がある。でもそれはノッキング。今回の症状とはちがう。しかもそいつは煤や水分をふき取るだけで直るんだ。ノッキングはここを疑うといいぞ。ま、今回は空気はねえ。原因は残りのガソリンで決まりだ。とすればどこで止まってるんだろうって川上から場所を特定してけばいいんだ。フュエールポンプを外してモーターとケースを洗ったのは正解だが、あんまり素人がやるのは勧めん。そこってたぶん下手に壊すと高くつくぞ。まっ、バイクだしいいか。簡単だべ?」「今後はワコーズのケミカルとか入れとくといいのか?」と聞くと「ワコーズ?ハハハ!フューエルワン1でも2でも同じだ。気安めだ。根元を治療しないと再発する。錆び取りクリーナーが先だ。タンク下ろして漬け置きにしちまえ。でないとまたフィルターと通路が詰まるぞ。美人ば泣かせるな。」とのこと。さすがプロはちがうと思った今日でした。

〇やっと乗れますSR。たくさん乗ってあげることにします。

〇そして夕方。ついにSRもクラスホッパー軍団の仲間入りです。

ボアエースのリアキャリア
(ボアエースのリアキャリアを装着)

〇私は格好よりも実用性でバイクに乗ります。SRもホムセン箱デビューですね。「そうさねえ。真っ赤なのにする?それとも緑のゴミ箱みたいなやつにする?美人美人なんて言われるから故障するんだよ。TRを見習え。」と声をかけてやります。

〇お散歩の相棒にカブに代って乗り回す日も近いですね。

SRを修理する

〇新品のバッテリーにつないでも×。症状は変わりません。

〇ガソリンホースを外します。ガソリンは出てきません。たぶん電子制御なんで勝手に「ドバッ」って出てこないんですね。これじゃホースの詰まり具合も分かりません。

〇フューエルポンプを外します。はじめてみる黒い筒。ガソリンの吸い上げをモーターで行う部品です。蓋を開けるとすさまじい異臭です。腐ったガソリンの層と錆で筒内がとんでもないことになってました。中に入った茶色に変色したポンプは「ウィーン」と言うんですが、良く生きてたと思います。というか半分死んでる?灯油でゴシゴシ洗ってとりあえず茶色いヘドロと錆を40分かけて落とします。

〇再取り付けが大変でした。TR以上に、というか、SRのインジェクション車は整備性が非常に悪いです。狭くて手が届かないところが多く「どうやって外すのさ?」という場所多々。それでもなんとかつけ直します。当初設計になかった電子機器やパーツを後付けして無理やり狭いスペースにねじ込んでます。写真で見ると最終型のSRはパーツが中に入りきらず、一部を足元近くに外付けしてる感じです。美しいスタイルが崩れています。

〇第二次大戦の時、ドイツにメッサーシュミットBF109という終戦まで一線で使われた旧式の戦闘機があったんですが、小さなボディーに合わないハイパワーエンジンや大型の機関砲を入れ強化を続けたところ、不自然にイビツで武骨なスタイルになりました。SRも同じです。排ガス規制に対応し続けましたが限界だったんだと思います。現在は販売中止になりました。

〇エンジンをかけても症状変わらず。やっぱり触りたくないんですがインジェクションです。ネットでヤマハの部品適合表を見ます。インジェクションの場所は、いわゆる昔で言う「キャブ」の場所にあります。「なんとかなるかなあ・・・」分解清掃ですね。キャブならばらせますが、これは・・・いけるか?これでダメならバイク屋さん行きです。

〇それにしても、と思います。インジェクション車は難しいです。壊れないのが前提なんでしょうが、壊れちゃうと大変です。「ここでやめたら男がすたる」と思ってやってますが、燃料系にしてもタンクから吸い上げる穴、タンクに燃料を戻す穴、と最適爆発させるためポンプも気道が2つに別れていて、イチイチ仕組み図を見ないとつながりが分かりませんし、センサーがあちこちにあるんで外すのが大変です。

〇タンクをおろせればいいんですが、これまたあちこち線が入っています。「外すのいいけど、あのホース、どうやってつなぎ直すのよ!」というようなところもあります。パズルやってるみたいなもんです。

〇中古でキャブ車のSR買えば良かった、って今さら思います。これからSRに乗りたい人で、自分で修理しながらお金をかけずに走りたい人はキャブ車をお勧めします。せめてメンテ本があればって思います。サービスマニュアルもあるんでしょうが高いんですね。一生乗るつもりなら入手してもいいんでしょうけど。

〇今日も疲れました。次回は最後のあがきでインジェクション吸気系を修理してみたいと思います。