メタボルマン

袖崎駅からさくらんぼ東根駅まで歩く

〇年末。飲み会。体重増。12月です。今のうち落とすものは落として備えます。

〇今日は久々の曇り。雪も降らない穏やかな日です。気温もマイナス3度と温暖で、お散歩にはうってつけです。

袖崎駅
(村山市のJR袖崎駅です)

〇無人駅でトイレなしです。午前11時に到着し、早速旧道を歩きます。

袖崎駅からの道
(スタートです。とりあえず天童駅を目指します)

〇羽州街道沿いに南下します。

土生田地区
(土生田から本飯田へ続く羽州街道)

〇道路中央のポツポツは消雪用水が出る穴。地下水をくみ上げるため鉄分が噴出し、道路が赤茶色になります。かつての旧国道13号線の名残です。道幅がやたら細くても路線バスが通る道があります。それも旧国道か昔の主要街道です。

〇村山市袖崎から同市楯岡までつづくこの羽州街道は本当にいい味出してます。続く軒も道沿いの民家も、旧道沿いの独特の雰囲気を放ち、私はしばしそのたたずまいに呼吸を合わせます。

袖崎の13号線との合流点
(現国道13号線との合流点です)

現国道13号線 袖崎付近
(現国道13号線。歩きやすいけど味気ないです)

〇旧道は雪がよくはかれていないため歩きづらいです。でも新道は風流さがありません。散歩には不向きですね。

〇1時間で「尾上の松」に到着です。

尾上の松
(かつての羽州街道の松並木です。ちなみに右の雄松は樹齢600年です)

〇しばし休憩し、さらに南下します。右に見える葉山は絶景ですが左に見える低山も

名前不明の山
(いい山です。雪が解けたら登りたいです)

楯岡の切通
(切通しを抜け、楯岡に入ります)

〇羽州街道57宿の1つが楯岡です。山形の1つ北の宿駅になります。「居合斬り」の発祥の地でもあります。ちなみに居合斬りは、初心者は「腕で斬る」、上級者は「腰で斬る」、達人は「心で斬る」そうです。深い世界のようです。抜いた瞬間に相手を斬る居合は時代劇の座頭市を連想します。近づくものを瞬時にスパスパ。徳利もろうそくも提灯も真っ二つに斬っちゃう。最後は宙に舞った銭まで斬ってました。今でも道場と「林崎居合神社」があり、剣の道を行く人々が参拝するようです。

六田の交差点付近
(東根市六田の交差点付近。この通り雪が邪魔で車とすれ違い注意です)

〇これ以上降ると散歩するのはちょっと危ないですね。

冬のさくらんぼ東根駅
(さくらんぼ東根駅。今日はここで断念です)

〇意外と遠い天童市。ここまでで15Km。夕暮れ近く本日はここまででした。体重は・・・変わりませんでした。

〇「がんばれ!天童駅までつけよ!」と食堂でみかんもらったり、麩屋さんでお茶ごちそうになったり、みなさんありがとうございました。着けませんでした。またリトライします。今度はさくらんぼ東根駅から天童駅まで歩く予定です。

〇一度歩いたことのある散歩コースですが、やっぱりここはおすすめですね。ただし交通量が多く、除雪不良な旧道です。車に注意して「譲り合い精神」で歩くといいです。吹雪く日は要注意。車道を歩くとちょっと危ないかもしれません。

〇ちなみにこの区間、駅は3駅、時間にして15分で電車はついちゃいます。すごいね、JR。歩くと4時間ちょっとかかりました。


人気ブログランキング

スポンサーサイト



サクランボ東根駅から羽前千歳まで歩く

〇今日は先週の散歩の続きをします。

さくらんぼ東根駅を出発
(さくらんぼ東根駅から出発します)

〇羽州街道を南下し、天童市を目指します。

神町入口
(30分で神町です)

〇昔は「新町」という名前だったそうです。別に大きな神社がある街ではないようです。戦前は軍の飛行場があり、戦後は山形空港が置かれました。自衛隊も駐屯しています。昔から空と軍人さんで潤う街です。

神町の松並木
(街道の松並木もわずかですが残ってます)

〇そこから1時間半歩くと天童市につきます。

天童市入口
(13号線の高架をくぐって)

天童駅前通り
(天童駅前に到着しました)

〇まだ陽が高いので散歩を続行します。

出羽桜酒造
(出羽桜酒造も羽州街道沿いにあります)

〇国内外に名を馳せるデワザクラですが、私個人としてはえらく値が張る銘柄よりも、庶民的な値段で充分うまい「吟醸火入れなし生」が好きです。日持ちしませんが、甘いながらもさらっとスぺっと、でもちゃんと酔っぱらう酒で腹にしみこみます。花のようなホワッとするいい香りが残る後味がこの生酒独特の余韻。ガンガンに冷やして飲むのが好きです。ついつい酒量を忘れる酒で、油断すると翌朝後悔します。友人に送ったら大変喜ばれました。普段日本酒を飲まない奥さんも、とっつきやすい味だといってガバガバ飲んだ、ということでした。

天童市高擶
(天童市高擶周辺)

〇「芳賀」という地名の場所を通ります。なんでも昔、円仁さんが山寺を作るとき、下野国の芳賀(今の栃木県)から職人をいっぱい連れてきたんですが、職人たちが故郷をしのんで、自分たちが移住した地を「芳賀」と名付けたんだそうです。そんな感じで、昔の移民が故郷の名をそのままつけた例は山形県に結構あります。例えば「寒河江」は相模国の寒川(今の神奈川県)の移住民が故郷の名をつけた街、みたいに、今も地名として残っています。

山形市入口
(山形市に入ります)

〇今日の道は東根市神町周辺と、天童駅前から山形市長町までの間が風流でした。特に天童市高擶から山形市七浦の間は旧道の面影が色濃く残っています。

山形市七浦
(もう日が暮れます。冬至です)

山形市長町郵便局
(今日は山形市長町の郵便局前で散歩終了です)

〇妻が年末の買い物をするべく私を回収にきました。散歩も切り上げ時です。

〇所要4時間42分。17.2Kmの散歩。累計標高上下合計1,060mと案外UPDOWNします。消費カロリー1,157Kcal。今度は羽前千歳からさらに南下し、山形市内に向かって歩く予定です。


人気ブログランキング

羽前千歳駅から山形駅まで歩く

〇昨日の続きで、本日は羽前千歳駅から山形駅まで歩きます。

羽前千歳駅
(帰りを考え、自転車で羽前千歳駅まで行きます)

〇駅に行くまで自転車漕いだら疲れてしまいました。

〇いつものごとく羽州街道を南下します。15分も歩くと

千歳橋
(千歳橋。山形への入口です)

銅町イネツ
(銅町の鋳鉄工場群が見えます)

〇あんまり有名じゃないんですが、山形は昔から鋳物と刃物を作ります。私も「山形兼良」で料理してます。見た目は真っ黒でドン臭い片刃打の包丁ですが、切れ味が良く頑丈で長持ちします。大型魚の頭や背骨もスパッと切り落とせます。5,000~10,000円出せば、そこそこの包丁が手に入ります。ほかの産地、例えば相州物や越前物と比べると値段は格段に安いと思います。お土産にどうぞ。

宮町方面へ歩く
(宮町方面に歩きます)

〇ここからが難しいのが羽州街道。今の大きい道は後からドンドンきれた道。羽州街道を歩くには標識をみて県道22号線マークを追って歩いてください。

薬師町交差点
(左に薬師町と書かれた標識を左折します)

薬師町の通り
(ベニヤ味噌の工場の前を過ぎて2本目を右折。県道22号線の標識あります。)

〇しばらく歩いて、山形放送ビル前を通過し、丸八やたら漬けのお店が左に見えたら

まるはちやたら漬け
(これです)

旅籠町交差点
(次の信号を左折します)

旅籠町通り
(旅籠町の通りに出たらしばらく歩いて)

山銀前交差点
(山形銀行前で右折です。山銀の本店の場所が旧山形宿の本陣跡なんだそうです)

〇わけがわからないと思います。一応県都なんで道が混み入ってます。私も市民ですが、わけがわかんないので

羽州街道をゆく
(虎の巻で事前学習しました)

〇無明舎出版という秋田の会社が作っている羽州街道の全行程図がのってます。峠なんかは藪漕ぎして取材しているようです。この会社の本、すごくマニアックなのが多くて私は結構ハマります。

羽州街道十日町

〇山形市の良さはこのカオス。新しいビルの狭間に古い蔵屋敷。雑然とした街並みは時代とともに変遷するこの街を象徴します。山形人は新しいものが大好き。一方で古いものもまた大切にします。かつては物流の大集積地として、また出羽三山信仰の起点として殷賑を極め「東北の商都」と言われた山形市。昔日の面影はなく、旧市街も人はまばらです。人口は25万人で頭打ちし、減少に転じはじめています。

山形駅前通り
(山形駅前通り)

〇旅も終わりに近づきます。さてJRで・・・と思いきやなんと!電車がないです。1時間半に1本って、どんな田舎さ?県都なんだよ、山形市って。しかも奥羽本線なのよ、脇線じゃなく本線なのよ、なんでこんなに電車がないのさ!

〇やむなくバス停へ。羽前千歳駅前行きって・・・こっちは1時間に1本かい!

千歳駅前バス停
(結局バスで戻った羽前千歳駅前)

〇私がもし山形市長になったら一番最初に市民に約束したいこと、それはインフラ整備ですね。これじゃ人が来ません。基本がまずダメ。話になりません。住んでるお年寄りもかわいそうすぎます。

チョコレート饅頭
(羽前千歳駅前のお菓子屋、秀月堂で売ってたチョコレート饅頭。昭和のなつかしい味がしました。110円。ありです)

〇お散歩距離7.8Km、所要2時間15分、累計標高UPDOWNは計570m。消費カロリー609KCal。3日かけて村山市袖崎から山形市まで羽州街道を40.4Km歩きました。筋肉痛にもならず、息も上がらず、ちょうどいい散歩でした。楽しめるコースです。


人気ブログランキング

山形駅から蔵王駅まで歩く

〇昨日で終わったつもりの羽州街道散歩。面白くてまたやってしまいました。

山形駅正面
(クリボッチの少年少女たちに混じって加圧シャツを着こんだ暑苦しいおっさんが駅に立ちます)

〇羽州街道の道筋ですが、まず駅を背に歩きしばらく行くと右側に大きなホテルがある交差点を右折します。

十日町角
(左前には日生ビルがあります)

〇しばらく歩くと左側に「のし梅の佐藤屋」が見えてきますので

佐藤松兵衛商店
(昔CMソングがありました。のしうめーはーさとーやでどうぞ)

〇すぐ先の信号を右折です。

三日町角交差点
(少しやられ気味の緑の看板の靴屋さんがあります)

男山酒造
(100mほど歩くと左に男山酒造が見えれば、その道であたりです。ここの「つららぎ」という酒、うまいですよ)

五日町踏切
(「開かずの踏切」と言われて久しい五日町踏切。駅から近すぎ!)

〇少し行くと左に見えるのが蕎麦屋の三津屋本店。

三津屋本店

〇いたってオーソドックスな山形そばです。私の場合、他県の友人には必ずここの「もりそば」を食べてもらってから次の蕎麦屋を紹介します。ここのそばと比べて量、固さ、太さ、タレの具合などどちらのベクトルがいいのか、パイロット的に使います。よからずあしからず、バランスの良いオール70点といった感じの蕎麦で、万人受けする無難な山形蕎麦です。手巻煙草で言うと「ペペ」みたいな、市販紙巻煙草でいうと「メビウス」みたいな感じの蕎麦屋です。

〇少し行くと標識に左上山の矢印が見えたらすぐの交差点を左折します。

お寺の交差点
(このお寺が見えたら左折です)

上町の羽州街道
(あとは上山までまっすぐです)

〇本当に面倒な道です。ぼーっとしてると見落とす細道です。

山形南口
(南館木戸口を抜けて山形城下町の外に出ます)

〇駅からここまで徒歩40分。案外距離があります。「やんばいとげずねぇ・・・」と1人つぶやく私がいます。

旧13号線との合流地点
(旧国道13号線との合流地点です)

〇あとは旧道13号線を上山方面にひたすら歩くだけです。気を付けなきゃいけないのが須川の手前の高架橋。

須川の渡し
(上の橋はわたらず下の道を行き)

吉原南のアンダー
(アンダーをくぐるのが羽州街道マニアといえましょう)

片谷地案内板
(ボロボロの案内板)

〇はじめて知ったんですが、羽州街道ができる前、中世に「出羽大道」なる道が存在していたようです。今度歩いてみます。

片谷地地区
(片谷地地区)

蔵王駅
(蔵王駅でフィニッシュです)

〇山形駅から8.2Km、2時間ちょいのお散歩でした。今日は午後から久しぶりに妻とお出かけです。息子は彼女に振られ、男友達同士で「やけくそカラオケ」に出かけています。「ちょっと、何ブログ書いてんのよ!でかけるよ!」「はい、ただいまおわします」・・・今日はこのへんにいたします。イブですね。


人気ブログランキング

蔵王駅からかみのやま温泉駅まで歩く

〇また歩いてしまいました。羽州街道南下を続けます。

〇JR蔵王駅から出発し旧国道13号線を歩きます。

〇松原宿を通過して10分、黒沢宿に入る交差点があります。

黒沢宿交差点
(高架の下の交差点を右折します)

黒沢宿案内板
(案内板があります。左に行けば黒沢宿です)

〇いまでも黒沢宿は宿があります。マイナーですが温泉があり、案外安く泊まれます。山形市に出張の際はお使いください。羽州街道の宿場町の旅籠、という雰囲気は得られないものの、料理がいいと市民からは評判です。

黒沢明神口
(ここから少し山に入ります)

〇鳥居を越えて山道になります。といっても10分も歩けば

黒沢明神から見る竜山
(黒沢の峠からみる竜山)

〇このあたりに昔お茶屋があり、旅人が一服つけたようです。さらに行くと

コストコ
(コストコに出ます)

〇この辺は団地や大型郊外店舗、工場が近年バンバンできています。興ざめしますが、一番困るのが羽州街道がどこなのかさっぱりわからなくなることで、正直迷いました。

羽州街道コストコ裏
(やっと見つけて南下開始)

羽州街道花立峠入口
(山形側の花立峠入口。上山までの走破は無理でした)

〇羽州街道は上の写真を右じゃなく直進します。しばらく歩いてみました。膝までぬかる上に長靴に穴が空いてて足に雪が入りまくり。断念します。冬場あるく方は「三つ馬」か「ダンロップ」の膝丈まである長靴で踏み越えてください。ストックがあるといいです。尾根伝いで花立峠を越えるルートです。

〇仕方がないので旧13号線を行きます。

かみのやま場外馬券場
(かみのやまの馬券場で昼食です)

〇元競馬場です。大赤字で閉鎖して随分たちます。新聞と赤鉛筆のおじさん相手なので定食を頼むと3分ほどで持ってきてくれます。味噌汁の味噌なんか溶けてないので自分でカマカマが必要ですが、急ぎの時は重宝します。煮込み定食650円なり。競馬場があったころ2、3回きましたが、ガチガチのレースでなかなか荒れなかったです。地方競馬場もずいぶん減ったんじゃないんでしょうか。昔みたいに若いカップルはいません。TVに食い入るおじさまたちの楽園です。

四谷交差点
(上山市四ツ谷の交差点から右折、北上して花立峠に再トライします)

花立峠の石碑
(これが見たかった)

〇峠に立つ「これより南、上山領」の石碑。江戸時代の羽州街道の絵巻にも出てくる石碑。再建らしいんですが、いかにも旧街道らしく建っています。

〇ふと山を見上げると、山頂付近になにやら建物が。登っちゃいます。20分も登ると

上山市遠望
(上山を一望できました)

〇雪をかぶる上山市です。羽州街道沿いに街が形成されました。さらに南下し奥の山を越えれば置賜地方に入ります。上山は山形盆地の南の付け根にあたります。

〇さらに登ります。山頂付近に

豊かなスローライフ
(北欧風の住宅があります)

上山の売り物件
(マジかい!)

〇基礎だけで普通の家の2階建てくらいの高さがあります。崖にそり立つ欧州風住宅。大きなベランダに薪ストーブの煙突。バブルの遺構か、はたまた物好きか。建築費だけで1億近くかかるんじゃないか、このへんの家。スローライフをエンジョイしたい都会のセレブな方、ぜひ移住ください。私、山形人ですが、私でも尻込みするワイルドでゴージャスな物件です。真下に広がる夜景と蔵王連峰の美しさを一人占めしながらBBQ・・・なんて、オダイジンな贅沢ができそうです。

四谷付近の羽州街道
(羽州街道に戻ります)

〇あとはかみのやま温泉駅まで一直線に街をつなぎます。

上山城下入口
(上山城下町入口です。突き当りを右折します)

〇羽州街道沿いに軒を連ねる商店街。古い看板。そして城。山形1つ南、上山宿の街並みです。上山市については当ブログ「上山市」に記事を載せています。

共同浴場入口


合鍵清水屋


上山のアーチ通り


上山商店街


冬の上山城


〇車で来る方は旧カミンに車を停めるといいです。今は山形銀行の上山支店になってます。200台くらいはいけると思います。3時間無料です。

旧カミン
(旧カミン。昔はスーパーとか入ってましたが・・・不況のあおりで山銀さんだけ営業中。商店街のはずれにあります。交差点を右折で駐車場に行けます)

〇散歩時間4時間9分。距離13.5Km。累計標高差980mで1,166Kcal消費できます。この時期は防寒万全で歩いてください。特に峠は長靴必携です。

〇雪道散歩は装備が大事です。一番モンは長靴。基本的には耐久性と踏破力です。あとはグリップですね。私の散歩の足元はミツウマの「OPTON」。軽くてしなやかで、長距離を歩いても疲れにくく峠も楽々登れます。冬中はいて2~3年もちます。特に女性におすすめです。深雪や吹雪く日はダンロップです。重いけど頑丈で、雪道を踏み越えます。山形県でも、特に豪雪地の男性がよく履いているのがダンロップです。5年くらい持ちます。中短距離の散歩に適します。この2メーカーの5,000円クラスのものなら間違いないと思います。2,000円クラスの安物は1年散歩するとお釈迦です。しかも歩きづらく疲労は倍増します。雪が入るのを防ぐため、こんな感じのロングタイプを買ってください。

〇地形かまわずガンガン歩きたい、雪原を横断したい、そんなアクティブな散歩をする方にお勧めなのが足差しです。雪が腰まで埋まる場所を越える場合は、長靴の上から手差しならぬ「足差し」をはめて靴の内部へ雪が侵入するのを防ぐのが効果的です。ズボンの上からポリ系の薄い防水ズボンを履くと最強です。尾花沢以北の最上郡の散歩などに効果を発揮します。

〇私みたいな旧道好きの方は、どうしても傾斜がきつい峠の凍結路を歩かなければまりません。そんな場所ではスキーストックが効果絶大です。使わない時はリュックにくくりつける、もしくは背中にさしておけば荷物になりません。ストックを使うと、下り坂でコケても軽い傷で済みます。スキーを持ってない方でもスポーツ店に行けば1,000円くらいの安物ストックを単品で購入できます。お金に余裕がある方は登山用の伸縮ポールの先にスノーバスケットをつければ同様の効果を発揮します。コンパクトに収納でき、携帯もラクラクです。

お散歩用長靴
(たかが長靴、されどナガグツ。数千円の差で冬のお散歩の快適度と持ちが全然ちがいますよ!)

〇今回のコースは交通量もほとんどなく、夏場ならお子さん連れでも歩けると思います。おすすめです。

〇羽州街道は基本的に国道13号線とかぶる部分が多い、という方がいますが、山形県内陸部に関して言えば、一致している部分がほとんどないことが分かりました。昔は街から街へ、往来が多いところを出来るだけ直線でつないでいた、それが現代は交通量がさばききれなくなり、逆に郊外部へ郊外部へ、何度も路線を変えながら街の中心部から交通量をバイパスさせている、それが主要街道だと歩きながら思いました。特に都市部は現国道13号線から何キロも離れたところに羽州街道がある、ということもしばしばあります。虎の巻をもって歩くのがベターです。


人気ブログランキング