メタボルマン

旧奥州街道を歩く (日本橋から浅草橋まで)

〇念願の奥州街道を歩いてみました。

〇今回は「たまに東京行きたい!」というの妻の発案に便乗です。田舎暮らしは井蛙になりがちで、世の流れから取り残されていきます。「東京の風」を受けることは貴重です。

〇とはいうものの、私の散歩に付き合ってくれる時間は2時間程度。原宿に行き、アメ横に行き、浅草に行かねばなりません。息子と妻の時間になるわけで、「おとう」の時間は非常に短いのです。

お昼の日本橋
(久々の日本橋です)

〇南下すれば東海道ですが、奥州街道は北上します。

日本橋三越
(三越前。国道4号線の起点にして奥州街道のはじまりです)

〇「すっげービル!なにここ?すっげー!」素直に感動する息子。都会に圧倒されています。

〇しばらく行くと、横田の問屋街に出ます。

横山町の問屋街

〇「ちょっとー。こういうとこいいよね。山形にも欲しいよね!」妻も楽しそう。このまま浅草まで歩いてくれればいいけど、と思った矢先に「足痛い。やめよっか、散歩。なんか右足、調子悪いのよね。」・・・まだ1時間も歩いてないのに・・・

浅草橋
(神田川と屋台船。浅草橋で打ち止めです)

〇本日の奥州街道散歩は・・・2.5KM。妻の足の不調で打ち切りです。でもその後、表参道や御徒町をグイグイ闊歩していました。今度は1人で来ようと胸中密かに誓った私です。

アメ横
(アメ横)

〇東京はいつもお祭りみたいな人だかり。楽しい街です。

〇脱線しますが、東京にまともな一戸建てを持てる時代の到来まであと10年、と私は見ています。田舎は言うにおよばす、都市部すら地価は今の半値以下に暴落する、というのが私の勝手な推測です。理由は簡単です。土地は維持費(税金)がかかる。でも「必要だから税金を払ってでも持つ」のが土地です。「投機のために土地を持つ」時代はバブルあたりで終わりました。

〇かつて日本は急激に、のちに緩やかに物価上昇が続きました。ということは貨幣の現在価値は下がり続けた、ということです。つまり預金しても手銭で貯めても、お金をそのままにしておくと毎年財産が目減りしていたのがちょっと前までの日本です。でもそんな時代、物価上昇率以上に価格が安定して上昇したのが唯一「地価」だったから、お金持ちはお金を不動産に変えていました。転売できそうにない土地には賃貸物件を建てて維持費をまかない、相続税回避のためガンガン建物の借金をしました。そうやって財産の目減りを防いでいたのです。積極的な買いが入れば需要が増えて、さらに地価が上がります。

〇今はデフレが長く続き、人口減少と固定資産税負担、さらに若い世代の冷静な判断力もあり、不動産は大局的に供給過剰を免れなくなります。「手持ちしてても売れないし儲からない」ならお金持ちの投機手段からも外れます。手を出すのは外人くらいになります。特に田舎の土地はタダ同然と思います。お金を払うどころかもらったって欲しくない、というような土地がドンドン増えると思います。高齢化が進む寒村は相続すらしない、地公体に寄付、そんな土地がゴロゴロ転がり、市町村役場などもその応対に苦労する状況になる、そんな気がします。

〇世界の国を見ても、新興国の経済成長の第一歩は「地価の高騰」からはじまりますが、成熟すると落ち着きます。「歴史は繰り返す」ものみたいです。その後は分からないんですが、土地が需給バランスで成り立つ「値段なんてないもの。その時の相場が決めるもの」だとすれば、日本の場合、安くなる要因はあっても高くなる要因がない、と思います。

〇脱線しすぎました。今度は浅草橋から本格的に歩こうと思います。近いうちまた行きたいです。


人気ブログランキング

スポンサーサイト



旧奥州街道を歩く 栗橋宿~古河宿

〇東海道歩きを切り上げ、18きっぷで帰路につく私でしたが、何か道すがら楽しみながら帰ろうとフラッと寄り道します。

富士市 その1
(宿から富士駅まで歩きます。紙の街ですね)

〇富士市がなくなるとトイレにいけないし、鼻もかめません、というイメージしか持てない私です。

〇12:00ころ、富士駅を出発します。18きっぷで鈍行を乗り継ぎ、飽きてくると駅を出て

真鶴のイカフライ
(真鶴のイカフライ)

〇なんか口に入れたりするんですが、それでもどうしようもなく暇になり

栗橋駅
(東北本線は栗橋駅で電車からおりました)

〇埼玉県久喜市のようです。と、ここは奥州街道の宿駅じゃないですか!で、奥州街道散歩をやってしまいました。

〇駅を降りてほどなく進むと

静御前の墓
(静御前の墓があります)

〇義経を追って歩いていたんですが、死んだと聞き、失意のうちにこの地で亡くなったのだとか。草ボウボウになっていたのを近世になってから整備し直した、と書いてありました。

〇御前墓の参道を伝い歩きます。

静御前墓参道
(静かな通りです)

〇チンギス・ハーンは漢字で書くと「成吉思汗」。義経がハーンになったという伝説がありますが、理由の1つがこの漢字。「吉野の水干を思い我ハーンと成る」つまり、静御前をいつまでも生涯の恋人として思ってるよ、と読める、というわけです。誰が考えたかわかりませんが、うまい言い回しだ、と思います。

奥州街道へ合流 栗橋宿
(15分ほどで奥州街道と合流します)

栗橋宿
(栗橋宿。かつては利根川の川止めの宿場街として繁栄したようです)

栗橋の利根川
(利根川を渡ります)

〇さすがに坂東太郎、太いです。

利根川の河川敷 古河市
(巨大な河川敷です)

利根川県境 古河市
(古河市に入ります)

中田宿
(房川の渡しをもつ、利根西岸の中田宿です)

〇栗橋宿から1.6KM、橋を渡るとすぐの宿場です。ここから西へ県道228号線をひたすら歩きます。

中田宿 街道沿い
(東海道と違い、暗い田舎道を行きます)

中田の松原付近
(歩きはじめて1時間20分。中田の松原付近。歩きやすいんですが、少し寂しい通りです)

〇見るべきはないんですが、日光に続く道、と言われるとそんな雰囲気があるような、と感じます。

古河市入口
(古河市入口)

〇古河市の街中に入ります。旧下総国の国府です。

古河本陣跡
(古河本陣跡到着です)

古河駅
(JR古河駅へ。いい気分転換になりました)

〇本日のお散歩距離8km。昼食+ブラブラで2時間30分かけて歩きました。この後JRを乗り継ぎ・・・山形着は23:30でした。


人気ブログランキング

旧奥州街道を歩く 浅草橋~千住宿

〇浅草橋を出て国道6号線を歩き、駒形橋西詰から雷門に入る道が奥州街道になります。こちらの方は日光街道と呼ぶようです。

〇日光街道と奥州街道は宇都宮市の裁判所前のT字路で分岐します。そこまでは同じルートになります。

駒形付近
(いかにも江戸らしい店構え)

東京の坂内食堂
(地方の有名店も進出しています)

浅草寺前
(人でごったがえす浅草寺)

〇雷門前を東に抜け、吾妻橋交差点を北へ。6号線に戻ります。言問橋西交差点のY字路を斜め左に入って、あとは南千住までまっすぐ北上するのが奥州街道です。

吉田橋付近
(吉田橋付近。このあたりから風景がかわってきます)

〇泪橋を越えて南千住へ。「あしたのジョー」の舞台の街に入ります。丹下段平はいませんが、ジョー達を育んだドヤ街のおっちゃんチックな人が今でも結構いて、下町風情があります。

南千住

〇昼の12時に歩いたんですが、すでに開いてる飲み屋さんもちらほら。600円のニラレバ定食を食べながらついつい酎ハイも頼みたくなりますが、ここは我慢です。「みそラーメン400円」「1泊2,200円 冷暖房完備」そんな看板が狭い路地裏に並びます。

〇コツ(骨)通りから千住大橋へ歩きます。

南千住の芭蕉の句
(ゆく春や 鳥なき魚の 目は涙  千住宿です)

奥の細道 矢立初めの地
(奥州街道といえば芭蕉です)

千住大橋
(江戸を出ます)


〇いよいよ奥州街道歩きの本格スタートです。まずは白河関を目指します。と、橋を越えてからいきなり道を間違えます。それっきり・・・草加宿につけずこの日はエンド。次回歩き直しです。対岸の川田橋交差点の場所が分からず、ずっと間違って歩いているうちに全然違うところに出ちゃいました。心ならずも「方違え」の儀式を行ってしまったようです。

〇歩いてて飽きないルートです。下町風情がいいですね。東武スカイツリーラインが併走し、交通の便もいいところです。

〇気をつけなければいけないのが自転車。特に足立区、荒川区の方々は自転車の操作が巧みですが、ベルも鳴らさず声もかけず、強引にすり抜けする人多々あり。音もなく後ろから抜かれるとドキッとします。歩き旅の方は注意して歩いてください。


人気ブログランキング

旧奥州街道を歩く 千住宿~草加宿

〇18きっぷも3回分あまっています。休暇も1日とれました。千住宿から歩きました。

〇山形駅から鈍行を乗り継ぎ、8時間かけて北千住駅へ。ダルいことこの上ないんですが、なにせ18きっぷのチープ旅行です。

〇千住宿を抜けます。

千住宿 宿場通り
(千住宿 宿場通りです)

千住宿 本陣
(本陣前通過です)

〇宿場が切れると荒川へ

千住新橋
(千住新橋を渡ります)

〇川田橋の交差点から次の宿場の草加まではほぼ一本道です。

草加への道
(うだるような暑さです)

〇梅島、島根、竹ノ塚と足立区を抜けていきます。

草加宿入口
(草加宿入口に入ります)

草加宿 祭り
(街はお祭りでした)

〇16:00投宿します。祭りにあやかり酎ハイなど飲み、PM6:00就寝。

〇散歩距離10Km、散歩時間2時間。明日に向かって爆睡です。


人気ブログランキング

旧奥州街道を歩く 草加宿~粕壁宿

〇昨日は6時に祭りの余韻が残る草加宿を出ました。

草加のせんべいや
(草加と言えばせんべいです)

〇朝っぱらから開いてる店はありません。綾瀬川沿いに北上を開始します。

草加松原
(草加松原です)

〇昭和51年に草加市民の手で復活させた草加松原。美しい旧街道がよみがえっています。早朝マラソンやウォーキングを楽しむ人が大勢いました。

〇「月日は百代の過客にして行きかふ年もまた旅人なり」奥の細道の序文が刻まれた碑があります。芭蕉が生きた時代、白河の関を越える旅は生きて帰れる保証がない、というイメージがありました。彼も家を払い死出の覚悟で、今でいう「るるぶ」を刊行し「じいちゃんも行ける陸奥!その魅力に迫る!」を執筆しました。「奥の細道」です。その名文と名句は多くの江戸庶民を松島の月に、象潟の雨にいざないました。特に有名な山寺のくだりとその名句は、現代に生きる私が読んでも感慨ひとしおです。

越谷入口
(7:30 越ケ谷宿入口)

〇武蔵台地の麓(腰)にあたる低地(谷)という由来から腰谷→越ケ谷と転訛したそうです。ちなみに通ってきた草加も、もとは沼沢地だったんですが、ここを迂回するとえらく遠回りになると、家康が草を沼沢に投げ込み、足場をならして通行したそうで「草加」になり、のちに奥州街道が作られたそうです。こんな感じで東京近郊の地名の由来、結構面白いです。

越谷宿
(越ケ谷宿を通過)

〇とても蒸し暑く、この日の給水は6リットル。それでも体重はほぼ一定。私の体の水分の15%くらいが入れ替わったような気がします。背中とTシャツの間にタオルを通しますが、それもずぶぬれ。妻から電話が入ります。「台風来てるって。」「なに、許可した覚えはないぞ。」「あなたはファラオですか?とっとと戻ってきなさい!」

〇午前上がりで急遽帰ることにしました。この間も台風で休暇予定が狂ったし・・・ここ数年、歩き旅してるんで分かるんですが、天候の明らかなおかしさを肌で感じます。そのうち日本も人が住めなくなるんじゃないか、とどっかで思う私です。蒸し暑さ、気温の上昇が半端ありません。しかも年を追うごとにドンドン常軌を逸している気がします。

〇20分に1回の休憩を入れます。歩き旅の人の数も減りはじめます。

粕壁入口
(味気ない道が続きます)

〇粕壁宿は春日部市。もともとは春日山田皇女の部民が入植し「春日部」であったものを江戸時代に「粕壁」と表記、近年もとに戻して「春日部市」。ややこしいです。

粕壁本陣
(粕壁本陣)

東武春日部駅
(東武春日部駅でゴール)

〇「のはらしんのすけ」の街、粕壁宿。日本橋を起点に奥州街道4つ目の宿場です。TVに出てくるデパートとか住宅街とかの案内でもあるのか、と探しましたが見つけられませんでした。クレヨンしんちゃんグッズをお土産にしたかった私のあてが外れました。

〇本日の散歩5時間半。散歩距離28Km。台風のため切り上げです。東武からJRへ乗り換え、山形の我が家に帰宅したのが22時、10時間の鈍行旅でした。

〇このあたりは都市化が進み、奥州街道風情はありません。また、ここから先も4号線沿いの旅が続きますので、粕壁から先は自転車旅に切り替えてもいいかなあ、と思います。東武鉄道沿いなので交通至便、散歩はしやすいです。


人気ブログランキング