メタボルマン

SR400購入(グラスホッパー MK-Ⅱ)

○今日はセカンドバイクを入手しました。で、お祓いした後軽く走ってきました。

SR400.jpg
(SR400。バイクらしいバイクです。)

○緑色のメタリックで、タンクのグラフィックデザインも一新したモデルですね。音叉マークもなく、気に入りました。ヤマハストロボの黄色いのもありましたが、SRにはこの渋い色がお似合いと思い選びました。

○で、はじめて乗ったんですけど、グラスホッパー君と比べると、大変ジェントルな、いい感じのマシンでした。

○まず、大人しい子という印象ですね。エンジン音なんかすごく静かです。力もありますね。慣らし中なのであまり出さないようにしてますが、スルスルとトルクフルに発進します。しかもギクシャクしないで粘りますね。TRより体感で20KM位速い感じです。120KM位は出るんじゃないかなあ、と思わせる感じですね。

○シングルの振動も250TRに比べれば「高級車」みたいなものです。バコバコ言わず「ブルルーン」という感じ。あのグラスホッパー君のような手にバリバリくる、ミラーがぶれまくり後続車が良く見えない震動がありません。シングルらしからぬ大人しさですが、多分TRがひどいんだと思います。あれはあれでいいんですがね。あと、多分ショートストロークエンジンですね。TRはロングストロークなので、一発一発の爆発間隔が長く「爆発してる」って感じですが、SRは「ルルルルル」って連続で続く感じで真面目に回ってくれます。素直で扱いやすいです。シートもフカフカでお尻も痛くなりません。優等生です。

○唯一の難点はキック始動。慣れればなんてことないんでしょうが、本日、10回程エンジンをかける機会がありましたが、一発始動は0。脚力強化にいいバイクですね。キックスタートはサタから見ると「おお、今時キックかあ!」と微笑ましいんでしょうけど、蹴ってるこっちは「一蹴入魂」でゼイゼイ言いながら蹴ってます。カブみたいにはいきませんね。

○あと「バリバリとばすぜー」なんて人もこれは買わないほうがいいでしょう。もっとパワーのある前傾姿勢のやつでないと満足できないでしょう。これはゆっくりテクテク、スルスル乗っていい感じ。SRは60KM~80KM位が楽しい。TRは40KM~60KM位が味がある。どちらもアクセクしないのんびりバイクです。若い人より年食った人が乗った方がかっこいい、レトロなスタイルになってます。大人のバイクですね。

○とにかく、気に入りました。パワー26馬力、トルク3.0と自分で扱い切れるパワーです。コーナーも素直に入ります。ハンドリングもいいですね。ホントに大人しくていいバイクです。第2のケッタマシンです。大事に乗ろうと思います。スタイルもノーマルのままで十分かっこいいですね。「グラスホッパーMK-Ⅱ」と命名しました。荒っぽく使うことも多いオーナーですが、よろしくです。


人気ブログランキング

スポンサーサイト



250TR

○ツーリングや散歩の足に70%くらいはこれを使っています。気軽にいつでもどこでも乗れるバイクです。

250TR in 名立
(「鉄くず?」とかいう人もいます。「経年変化の良さが分からない?革ジャンと一緒だよ」と返す私です。250TR。川崎製)

○10年近く乗ってこのバイクに教えてもらったこと、それは「バイクはスペックじゃない」ということ。始動性の悪いエンジンで、チョークレバーを引き、エンジンをかけるとしばらくぼこつきます。そのうち「パパパパ」という単気筒の歯切れのいい軽快なサウンドが混じりはじめると思わず撫でてあげたくなります。少し頼りなさげなところがかわいい。「大事に乗るからね。君も頼むよ」と心で会話してしまう、そんなバイクです。近いんです、人との距離が。

○ハンドルはいたって軽いです。またがるとこのバイクのスリムさを体で感じます。ハンドルは幅広で姿勢は立ち気味。足着きもよく、とても華奢でフレンドリーなバイクです。

○乗り出すと小さいながらも一発一発の鼓動が股下のエンジンから車体の振動を通じて体に伝わり、アクセルを開ければ地面を「タタタタタ」と蹴りだす感じで走り出します。マフラーをキャブトンとかトライアンフタイプにすると、蹴り出し感がより伝わります。60KMくらいまでは「まったりボコボコ」。気持ちいいんですが長旅には不向きです。70KMから上は小刻みな振動と連続音に変わります。

○80KM以上出すとかなり不快になります。エンジンは「もう限界です」とばかりに轟音を響かせ、そのくせメーターの針はほとんど上がらず、高速なら一区間で降りたくなります。エンジンそのものの耐久性が心配になるようなやられっぷりです。

○長距離ツーリング仕様にしてサイドバックやパニアケースを横付する場合はマフラー交換が必須です。私も交換してます。そうすると写真のようにバッグと干渉しません。積載するにはリアキャリアをつけるとより便利です。アイリス大山のプラBOXなんかつけても全然違和感ありません。安い装備も似合う、とてもエコノミーなバイクです。あと、フロントフェンダーは純正のアップタイプだと雨の日下半身が泥だらけになります。林道にでも持ち込まない限り、写真のような普通のフェンダーをつけた方がいいでしょう。

○林道も多少のガレ場やフラットダートは行けますが、本格的な獣道は苦戦します。セローみたいなオフ車とは全く性能が違います。「なんちゃってオフ」くらいに考えてください。マフラーを写真のようにダウンした時は藪道入ったら確実に傷つきます。

○渋滞路でもリッター25KMは走ります。タンクが7ℓと小さいので170KMくらいで空ですね。距離が100KM超えたらスタンド探ししますが、長距離走るとこれが案外不便です。でもどの道100KMも連続で走れるバイクではないので(その前に体が疲れます)、休憩がてらに給油、と考えるといいでしょう。

○メンテは簡単。空冷単気筒のTRはラジエーターなんかないし、かなりシンプルに出来ていて部品もむき出しです。プラグはエンジンの側面にプラグ穴があるんで、そのまま抜き差し交換5分。キャブレター仕様だとキャブ清掃もキャブをハメたままドライバーで分解、ニードル抜いてキャブクリーナーをぶっかけて締めなおす、という荒技可能なバイクです。両方合わせて30分でメンテできます。旅先で動かなくなっても、「構造が容易でその場で自分で修理できるバイク」というのはなかなかありそうでないものです。

○欲を言えば、キックスターターが欲しかったですね。バッテリーが突然死するバイクでもあります。スターターを押して「カカカカカ!」とかいうともうダメです。押し掛けも意外とききません。

○潰れるまで乗るつもりです。250TR、いいですよ!もともと新車価格も安かったバイクです。中古も激安で入手できそうですね。メンテ面からもキャブ仕様の方が何かと乗れそうですね。


人気ブログランキング

マーク4 ゲット!

○スーパーカブを入手しました。車庫に眠る埃だらけのボロボロのカブ。廃車にするからちょうど良かった、だそうです。

○ナンバーとって、自賠責かけて、引っ張ってきたら妻が「黒煙はいてたよ!」とのこと。とりあえず洗車。ガソリンは腐ってたから入れ増し。さらにオイル交換したんですが

スーパーカブのオイル交換
(桃屋の「ごはんですよ!」みたいな黒いタール状のものがほんの少しネロネロ出てきました。焼け付き寸前でしたね)

○余りにもむごすぎるので、1回目は古オイルを入れてエンジンを回して洗浄。エンジンがきれいになったところでホームセンターから入手した1ℓ1,000円のカストロールオイルを惜しみなく入れてあげました。

○とりあえず復活です。爆音も半減、滑らかに回ります。

バンクカブ
(ゴミ落とし大変でした。)

○上まで回り切るエンジン、というか全開走行オンリーだった感じの高回転エンジンに仕上がってます。銀行さんって忙しいから、かなりぶっ飛ばして走ってますよね。60KMメーターなんて軽く振り切ってる、と思います。カブをネカしてコーナーリングしてる銀行さんもたまに見かけます。まさに「職人技」です。

○フルアクセルにするとカラカラとエンジンから異音がしますが・・・「どうせタダだったし。」と割り切ります。「回しすぎ」ですね。でもスラッジだらけでスピードが出ないエンジンよりずっといいです。

銀行カブ フロント

○リアに巨大なキャリアと現金輸送用の鉄製箱。フロントに「ボテ箱かい!」っていうくらいデカい前カゴとカバー。ゴーグル不要の巨大な風防。どこから見ても払い下げ品。ダサさは群を抜きますが、とにかく頑丈で実用的です。

○近場乗りに使う予定です。「グラスホッパー マークⅣ」です。お金たまるといいなあ。

プレスカブ50を速く走らせたい!

〇プレスカブ50はとても気軽に乗れる、近場歩きにはもってこいのバイクなんですが、なにせ車にあおられます。おばあちゃんが乗る軽自動車にすらあおられます。

〇理由は信号発進の遅さです。こればかりはなんともしようがありません。20Km~30Kmくらいで左端をトボトボ走りたいんですが、少し大きな道路になると、山形市民はそれを許してくれません。ライオンの群れの中を走るウサギのようにフルアクセル、1分くらいでどうにかメータを振り切るかどうか位までは出ますが、エンジンは限界回転です。おばあちゃんの獲物を追うような執拗な「あおり運転」はその間続きます。男性や若い女性ドライバーはスッと抜いてくれますが、運転技術の未熟な中高年の女性ドライバーは抜きたくてもカブを抜けず、路側帯ギリギリに寄せても抜いてもらえず、私はずっとあおられ続けます。これはある意味地獄です。

〇そこで「信号発進がスムーズなカブ」に変身させれば、きっとあおられない、そうにちがいない、と考えました。

カブ ボアアップキット
(ボアアップキット買っちゃいました)

〇「俺は不器用だから、お前は死ぬかもしれない。恨むなよ。」とカブにささやきます。無料でもらったカブにだから出来る大手術。もちろんはじめての試みです。

〇インターネットで検索してやり方を調べて、1万円払って道具をそろえます。

〇50CCを75CCに排気量アップさせる道具たち。真ん中の上がシリンダー。右上はチェーンをかけるスプロケット。真ん中はピストンにガスケット。あとは説明書をみて組み込みする予定です。

〇私の計算だと、最高速はあまり変わりませんが、信号スタートが少し力強くなり、スピードに乗りやすくなる見込みです。うまく組めれば、の話です。原付2種になるのでナンバーも取り直さなきゃいけないみたいです。

〇再びカブは動くのか、はたまた資源回収車に乗せられてしまうのか。8月中に「オペ開始」予定です。



人気ブログランキング

プレスカブ50 ボアアップオペ

〇いよいよ待ちに待ったプレスカブ50のボアアップ作業日です。と、朝から床屋さんに行ってしまい、帰ってきたら親戚が実家にきてるから挨拶しろ云々、雑用に追われます。

〇気を取り直して10:30、作業開始です。

手術前
(施術前のエンジンです。見納めかもしれません)

〇もとに戻すため写真を撮っておくことは大事です。

〇いきなり最初の段階からつまづきます。KITACOの「ボアアップ虎の巻」というテキストを見ながらやったんですが、モンキーのエンジンが採用例なのでカブと違うところが多々あります。最初はガソリンコック。カブは燃料ホースが2本あり、どれがどれか分からないんで

燃料コック プレスカブ
(コックをOFFの位置にして、コックごと外しちゃいました)

〇無難に行きたい私。さて、ここからが結構大変でした。テキスト1ページ進むのにかなりの時間を消費しました。

ドリブンギア付近
(ぎゃあああ)

〇これ一応掃除の後に撮影してます。ギア周り一面に錆と油のヘドロ。カバーにもこびりついてました。割りばし2本と真鍮ブラシ3本が犠牲になりました。

〇さらに次々と続くのが「なめネジ」。20年の歳月は長く、全てのパーツが固着し一体化。最初はクランクカバーさえ取れない惨状。ホームセンターから「なめネジスプレー」を買い、吹き付けまくります。数々のスパナ、レンチがバイクの周りに転がります。

バラバラエンジン
(開始から4時間。猛暑となめネジに四苦八苦しました)

〇とりあえずバラバラです。部品を外すたびゴミと錆がボロボロ落ちてきます。

〇ここで午後2:30。「終わるんだろうか、この作業・・・」昼飯食ってドラム吸ったらオペ再開です。

ボアアップキット ピストンとシリンダー75CC
(上が50CC。下が今回組み込む75CCです)

〇ピストン外すのに、ピンを抜かなきゃならないんですが、これがむずい。新しいピストンを入れる際、リングをはめなきゃいけないんですが、これが外れるはずれる。何度も入れてはハズレて格闘2時間。私はついに決断しました。「リング1つくらいなくても走んだろう。」

〇ピストンの固定にピストンピンを入れるんですが、これも大変難しい。イライラ棒になり、煙草3本いきました。さらにはシリンダーヘッド周り。カムヘッド付近にうず高くスラッジがこびりつき、ここでまた真鍮ブラシでガリガリ磨き20分。ボタボタ目に入る汗。ヒリヒリします。「なんかの修行か、これ」とつぶやいてしまいました。

1つ部品ダメになったプレスカブ
(組み直していきます。ギアチェンジペダルの上でヘナヘナしてるのがピストンにつけるべきリングです)

〇なんとなく重要っぽい部品。まあ、いいや。ピストンとシリンダーの焼き付きに影響しそうですが、見ないことにしました。

〇今日はタイムアップ。午後6時にいったん中断。ド素人で不器用な私は丸一日かけてもボアアップ作業が終わりませんでした。結構楽しいって思うのは最初だけ。明日終わるといいです。疲れました。

〇あると便利なのがガスケットはがし、スクレーバーです。100均のものでいいからあると便利だと思います。私は入手を忘れ、彫刻師のように黙々とミニドライバーではがしましたが、最悪でした。腰がいたいです。


人気ブログランキング