メタボルマン

メタボが行く!北海道ツーリング2015(1日目)

○今年は休みを利用し北海道に行ってみました。北海道は別名「バイク天国」といわれています。昔自転車でまわった時はいくら漕いでも漕いでも風景が変わらず、「いつかはバイクで」と思っていました。あれから25年の歳月が流れました。
○フェリー埠頭から苫小牧へ。たくさんのライダーが船積みを待っていますが・・・フェリー積み込みは初めてで、まわりのライダーに教えてもらい手続きします。前後のライダーとは「どこいくの?」とか「いいバイクだね」とか暇つぶしをはじめます。
○いよいよ出航。一泊で苫小牧港です。船の中はみんな暇なのですぐにまた別のお友達を作ることができます。ライダーはみな気さくで気ままな人が多いので情報を得やすく、ここで行先を皆さんが勧める「道東」に決定しました(かなり適当な旅です)。
○今回気づいたことは、ライダーの方々はほとんど先輩方です。私はヤングです。若い方はあまりいません。こんなに楽しい遊び方余りないのに、もったいないですね。しかも「今年で○回目ですよ」なんて方が多く、強者揃いという感じです。なんかどこででもやってけそうなタイプが多いです。
○AM10:00、苫小牧について装備を確認し、とりあえず東に向かいます。野宿なので気楽です。
○どこまでもまっすぐな道。ほとんど貸切状態の道路。いやでも鼻歌が出ます。バイザーを開け「ヤッホー」とか叫んでしまう解放感。何度も来る人の気持ちがわかります。バイク乗ってて本当に良かったと思えます。5~6曲歌ってると
サラブレッド街道
(サラブレッド街道。競馬馬の故郷です)
オグリキャップ
(こんなのもいます)
○気持ちよく走っているうちにだんだん寒くなってきました。ホームセンターで防寒具を買います(7月です)。セイコーマートで温泉情報誌を買います。20℃いかない涼しさ、というか寒さ。休憩所でライダーと会うのですが、ハーレーに隼、ニンジャにトライアンフと大型バイクがほとんどですね。しかもヘルメットを脱げば白髪の大先輩たちがすごく多いです(年喰っても格好いい人たちが多いですね。見た目同様に心も若い)。
襟裳岬
(襟裳は夏も・・・・何もありません。風が強く寒いところです)
○襟裳岬のお土産屋さんでキャンプ場を聞きます。閉店間際なのにすごく親切です。お礼にお土産を買うと「夜のつまみに」とイカをいただきました。
○百人浜キャンプ場に野営。夜はご同宿のキャンパーと炊事場で飲み食いします。フリーターでカブにリヤカーをつけて世界を走る人、自転車で北海道を一周中の女子大生などと話をしていると心が洗われます。自分の住んでる世界の小ささと自分の心の小ささを感じます。やっぱり変わってないね、北海道!道も風景もいいけど、この出会いが一番楽しいですね。ちなみに装備グッズの自慢大会は相変わらずのお決まりのようで、ガソリンバーナーは既に「ビンテージ」らしく、「年季入ってますね、それ。しぶいっすよ」なんていわれました。私にとってはガスより信用できるし安いし、最悪バイクのタンクから燃料とれるし(ガス欠時は逆もまた然り)、いい道具だと思うのですが。


人気ブログランキング

スポンサーサイト



Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する