メタボルマン

カメラと歩き旅

〇壊れたカメラが突然復活。いいことありそうです。

ニコン COOLPIX7600
(久々に電池を入れたらウィーン)

〇ニコンのCOOLPIX7600というやつです。街道や山歩きで使用しました。何度も雨でずぶぬれになり、岩にガンガンぶつけられ、ボタンはへこみ全身傷だらけで静かに息を引き取ったはず・・・だったんですが、ほぼ1年ぶりに自然治癒しました。

〇使い倒さないとその製品の本当のタフさが分からないようです。ちなみに富士フィルム製のFINEPIXの方は死んだままです。頑丈さ、という視点でいえば、NIKONがお勧めです。また、このカメラは電池式で長旅には便利です。バッテリー充電式は他に電源を流用できません。ヘッドライト、ランタン、ラジオ、ガーミンのGPSナビ。アウトドアグッズはすべて電池式です。小さな充電器と乾電池数本をリュックに入れて歩けば電源は確保できますし、ガサばりません。

〇さて、こんな機会でもないと、自分の持ってるカメラのメーカーや機種名すら良く知らない私。素人の私は、カメラはお金持ちの趣味なのだ、と思っていました。40過ぎまで写真はあまり撮らず、撮っても「写ルンです」でした。

〇そんな私にも転機が訪れます。土門拳。酒田の記念館へ数度通いました。彼が人物を撮ればその人間の生きざまが伝わってきます。彼が風景を撮れば悠久の時と大地のぬくもりを感じます。彼が古寺を撮れば魂があるかの如く神仏が迫ってきます。1画1画魅入りながら、腕を組み唸って突っ立っていました。どうやったらこんな写真がとれるんだろう、と。「写ルンです」を捨てた瞬間でした。

〇安物のコンパクトデジカメとはいえ、私には贅沢な道具です。長い距離、旧街道を歩きながら写真を撮るにはコンパクトカメラ一択になります。リュックのベルトから吊るし、歩きながらパシャリとやります。

〇防塵防水の今時風のかっこいいのが欲しいな、と思ってたんですが、これが結構高いです。せっかく復活してくれたし、再び昇天するまでこいつで撮ってやろうと思っています。

〇新しい時代を受け入れながらも、古きものを持ち続ける集落と人々の営み。それをつなぐ旧街道。そんな雰囲気を少しでも感じられる写真を撮れたらうれしいです。


人気ブログランキング

スポンサーサイト



2 Comments

tackmemo says...""
こんにちは。味のあるカメラですね。写真から使い込んでいる感じが伝わります。カメラって使い込むと愛着も沸いて、壊れたとしてもなかなか捨てられなかったりするんですよね。それにしても復活して何よりです。
2020.06.14 11:31 | URL | #- [edit]
まむちみ says..."ありがとうございます"
〇ありがとうございます。まさか動くとは思いませんでした。
〇たしかにカメラって愛着が湧きますよね。旅のお供って感じがします。ただ何枚撮っても私はへたくそです。基本も分からずただただ「パシャ!」とやるので「うーん」って写真ばかりです。カメラに申し訳なく思っています。
2020.06.16 00:19 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する