メタボルマン

旧羽州街道を歩く 六郷高校入口バス停~大曲

〇久々の秋田県です。「どーも」「どーも」と秋田の万能語、「どうも」の連発を耳にしながら横手駅にバイクを停めます。

横手駅西口駐輪場
(バイク置き場を発見。無料ですがスペースは限られます。次の方のためにも用が済んだら早々に撤収ですね)

〇横手駅前で待つこと1時間。さらに40分バスに揺られて

椅子があるバス停
(前回の到着地に戻ります)

〇六郷の街中に入ると

羽州街道どまん中
(羽州街道旅もついに半分歩いたんですね)

六郷の街並み
(街中をテクテク歩きます)

〇旧道を越えてからが難しいコースです。そこで今回は大枚ハタいて入手した相棒を連れてきました。

ETRX30X.jpg
(ガーミンの山ナビ TREX30Xです)

〇2万円でゲットしました。工場出荷状態で英文説明書オンリーでした。先達のブログを見ながら日本語化し、フリー地図を入れようと、3日間夜な夜なPCにつないでデータをいじり倒し、何とか地形図が入りました。住所も建物も出ませんし、検索もできませんが、現在地はGPSで示されますし、あと何キロで駅、くらいは見れるので、ないよりは便利だと思います。ちゃんとした日本仕様のガーミンは6万円前後で売ってますので、リッチな方はそちらを買った方が無難です。

〇さて、今回のコースですが、これと言って何もないコースです。ただただ歩きます。

六郷の一里塚
(六郷の一里塚)

〇道を間違えバイパスを歩いていたようです。

大仙市入口
(大仙市入口)

〇暑いので久々にババヘラを食します。

ババヘラとつつじ
(芸術的ヘラ使い)

〇シャリシャリした触感と昔懐かしのイチゴとバナナのハーモニー。秋田にいることを実感します。

大曲花火商店街

〇20KMの歩行の末に大曲に到着。仙北の郡都です。

〇夜7:30頃、「どおーん!」という轟音が鳴り、夜空に大きな菊が咲きました。表に出ると、近所の方もみな夜空を見上げます。毎週土曜日上がるそうです。「コロナに打ち勝て!」そんな思いで次々に上がる花火。吹上、ハート形、そして大菊玉。見上げる市民も打ち上げる花火師も、心を一つする夜でした。

〇全国初の花火師競技会が催された街。創作花火を作った街。今はどこの花火大会でも音楽にのせた創作花火が打ち上げられます。ここ大曲の花火が日本の花火を変えました。今年も日本一の大輪を夜空に咲かせて欲しいです。


人気ブログランキング

スポンサーサイト



Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する