メタボルマン

羽州街道を半分歩いてみて

〇羽州街道は497KM、うち半分を歩いてみました。一部は歩行困難なためバイクでパスしましたが、9割方歩きました。

〇この道は近世になってから整備されたので、他の古道に比べると、かなり歩きやすいと思います。

〇例えば平泉と横手を結ぶ12世紀につくられた秀衡街道なんかはほとんど山歩きになるはずです。

秀衡街道 西ヶ坂 西口
(秀衡街道 西ヶ坂 入口)

〇おそらく藪漕ぎです。ゼイゼイ汗だくで水場もなく、熊に蜂にマムシが絶えず出没、というスタイルが想像でき、、「お散歩」ではなく「きつい登山」になります。

〇奥州街道も羽州街道も、風景を楽しみ人と接しながらロングウォークしていくと、風、匂い、空、大地、そんなものの組み合わせで、その土地独特の風情が出来てるんだなあ、と実感します。

〇私の散歩日記のその土地についての情報のほとんどは地元の方に聞いたり、看板で読んだものを記していますので、中には誤った情報もあるかもしれません。それでも、地元の方がそう信じていれば、それはそれで真実なんだろうな、と思いながら歩いています。

〇地元の方と言ってもほとんどご年配の方しかそういったことは知らないもので、横で立って聞いてた息子さんは「ばあ、それは知らねーぞ。」と、私と同じで初耳状態、なんてこともしばしばありました。いずれ年配の方もなくなれば、街道の成り立ちや昔の話も消えてなくなると思います。そんな思いもあって、なるべくこのブログに見聞きした情報を書き留めることにしています。

〇さて、後半戦です。自宅から片道170KMを超えるスタート地点への移動はしんどいです。TRでは限界ですね。1泊しても2日目は疲れて歩く気にならず、ただのバイク旅になりました。

増田町の真人公園
(増田町の真人公園 キャンプによさげです)

〇今後はSRで移動です。本当は600~750クラスのなるべく取り回しが軽いバイクがあれば一番なんですが、元手もなく、買えば妻になにをされるか分かったものではありません。SRでもだめなら・・・JRですね。バイクならガソリン代が往復1,500円もかかりませんが、電車はそうはいきません。車は機動性が悪いので散歩旅の移動には不向きです。いずれにせよ、ここから先は行けば行くほど出発点が遠くなります。このへんで打ち切り、というのもありですが、半分来ちゃうと「あと半分歩くぞ!」というのが人情です。

〇いけるとこまで歩いて見ようと思います。


人気ブログランキング

スポンサーサイト



Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する