メタボルマン

旧奥州街道を歩く 白河宿~踏瀬宿

〇1/14、仙台から新幹線に乗って新白河、鈍行で白河駅へとつないだ私。

JR白河駅
(12:08 白河駅)

〇このブログでもご紹介した通り、福島県白河市は東北の南端で、昔は「白河の関」がありました。今日は、その関所の街から北上、昔人が通った「奥州の入口」を歩いてみました。

〇駅を出たらザックに水を1リットル詰め込み、E-TREXにGPS情報を感知させながら準備運動をします。ペーパーの地図を順番にポッケに折り入れ、タバコに火をつけ方角と距離を確かめます。5分ほどのいつもの準備のひと時がこれからの散歩を盛り上げてくれます。

白河駅前通り
(12:12 白河駅前通り)

〇新幹線駅から1駅ですが、結構離れているのがこの街。旧市街は小ぎれいで、コマコマした通りが心地良いと思います。

白河本陣付近
(12:14 白河本陣付近)

〇昔からのこじんまりした商店が並びます。雪がまったくないですね。

白河城外
(12:34 小峰城の北の守り、阿武隈川を越え城下町を出ます)

〇女石を越え、白河の北の小高い山を越えます。この麓に

仙台藩士の慰霊碑
(12:47 仙台藩士の慰霊碑)

〇白河は戊辰戦争の激戦地です。会津と仙台に道が分岐する交通の要衝でもあります。小峰城奪還を図った奥羽越列藩同盟軍と官軍が戦った白河。仙台藩の細谷直英が率いる「衝撃隊」は黒装束に刀槍を振るい夜戦で活躍、「鴉組」と呼ばれ恐れられたそうです。棚倉藩士の部隊「十六ささげ」と並ぶその勇猛さから「細谷からすと十六ささげ なけりゃ官軍高枕」とうたわれたと書いてあります。「十六ささげ」とかいうとなんか今流行りの「鬼滅の刃」の「十二鬼付」みたいですね。

遊女の慰霊碑
(12:49 遊女の慰霊碑)

〇武士のみならず民間人にも被害が出た戊辰戦争。こちらは遊女志げ女の碑、とあります。旅館に抱えられていた彼女は官軍の世良修蔵(総督参謀)の脱出を助けたとして会津藩士に殺害されたそうです。同僚の下男がこの会津武士を追い仇を討ったと書かれています。世良修蔵は大悪人の聞こえが高い人ですが、彼が参謀にならなくても、いずれにせよ会津は攻められていたと思います。「新撰組のパトロンの無血開城降伏」は長州が許さなかった、と思います。

〇はじめから倒幕に動いた長州という藩は私個人としては筋を通した藩だと思います。でも福島の方の薩長嫌いは長く続きます。今はどうか分かりませんが、30年ほど前、私の山口県の友人が東北に遊びに来た時、「会津に行ったら出身県を言うな。」とくぎを刺しておきました。後に彼は言いました。「助かったよ。教えてもらえんかったらやばかったかもしれん。」と。

〇約150年前、福島県の各地で激しい戦があり武士も民間人もたくさんの人がなくなりました。「皇室にも幕府にも誠意を尽くした会津がなぜ攻められるのか?正義とはなにか?」という問いに「力だ。」と答えた当時の世相がありました。20世紀の現代も残念ながらそうですね。力が正義。理不尽という思いと怒り、同時に「悪の薩長」という気風が根強く残りました。でも、長州もつらい時代がありました。「異国船打ち払い令」を実施した藩でありながらその命令を出した幕府から討伐を受けます。「なぜ長州が攻められるのか?正義とは何か?」その理不尽さを感じたのは長州も一緒。途中で裏切った薩摩や穀潰しだった江戸の旗本はそもそも論外として、「戊辰戦争とはなにか?」と考えた時、長州と会津に住む謹直で一本気で心熱い男達が互いの意地でぶつかった戦争なんだ、と私は思います。だから、仲良くして欲しいと思います。似た者同士なんだと思います(会津の人に怒られそうです)。

〇奥州街道とは、官軍が列藩同盟と闘いながら北上した道であり、手負いの東北兵が退いた道でもあります。

〇国道4号線と少し合流。また離れます。

根田宿入口
(12:58 国道4号線を横切る。根田宿入口)

〇奥州街道といっても江戸時代に「奥州道中」と呼ばれ、幕府の奉行が管理したのは江戸から白河まで。白河以北は主に伊達家がスポンサーで道を整備してたりします。だから宿場間の距離もかなりまちまちです。白河からすぐ北の宿駅は間隔が短く、田んぼ道を歩くと集落が突然出てきて、宿場みたい、と思うとだいたい宿場町、みたいな感じの作りになっています。

大清水そば
(12:59 根田宿の入口にたたずむそば屋の廃屋。かつては旅人で賑わったのであろうと思います)

根田宿本陣付近
(13:14 根田宿本陣付近)

〇泉田に出て歩いていくと、道が山の中で切れている場所が地図にあります。バイクなら近くまで行きますが、歩き旅は大迂回が必要となる場合があるので国道に出て安全策をとります。

小田川宿
(13:48 小田川宿に入る)

小田の里付近
(14:16 小田の里付近)

〇山合いを抜ける街道。と、

首切り地蔵
(14:18 首切り地蔵)

〇伊達藩の赤胴三五平という武士が夜ここを通ると美人に会ったそうです。それを「さては妖怪!」と真剣ではなく竹光で斬ったそうです。その後、帰りに再びここを通ったら地蔵の首が転げ落ちてたそうです。だから首切り地蔵。昭和40年代まで首は落ちてたらしいんですが、いつの間にかつながって今に至る、とのことです。ちょっと怖い話です。地蔵真言を唱えお祈りします。

太田川宿
(14:26 太田川宿)

太田川の切通し
(14:39 太田川の切通し)

〇昔人の苦労を思いながら抜けていきます。

四ツ屋前
(14:42 四ツ屋前)

四ツ屋前 その2
(14:43 四ツ屋前の集落)

〇今回で一番の奥州街道風情を残す集落です。犬の鳴き声がします。廃村でなく、本物の街道筋の人家です。少し感動します。箱根越えを思いだすような、そんな風情です。

踏瀬宿
(14:53 踏瀬宿)

〇白河からここまで4つの宿場を越えてきました。陽はまだ落ちません。ここから先、行けるところまで行こうとさらに北上を続けてみました。


人気ブログランキング

トルコ石と大人の休日俱楽部パス

〇さすがにお散歩も2/7まで自粛です。ご近所限定ですね。

〇山形県はさくらんぼの特産地ですが原産地はトルコ。よって寒河江などにトルコ館があったりしてトルコの方が住んでます。昨日は街中の店で前から欲しかったパワーストーンを買いました。

トルコ石のパワーストーン
(自然な水色が美しいトルコ石)

〇トルコ人のご主人に「練り物はいや。」というと、正直な方で「これが偽物。」と教えてくれます。練り物は色が鮮やかでツルツルしています。「これが本物。全然ちがうでしょ。」とブレスを渡されます。不規則なマトリックスが入ってます。少し黄身がかった自然な水色で着色もしてなさそうです。ハメるとしっくりなじみます。「守り目玉もついてます。旅のお守りはこれが一番!」古代からイスラム圏で「危険が迫ると石が割れて主人の命を救う」と言われた身代わり石がターキッシュです。ちなみにご主人はトルコ石と瑠璃(ラピスラズリ)を付けていました。瑠璃は「賢者の石」。どちらも高価なパワーストーン。商品のPRもあるんでしょうが、異国で暮らすためには「身の守り」と「生きる知恵」が必要なんだと思います。

〇今回の旅は緊急事態宣言が出される直前の奥州街道旅。少し前の旅日記になります。「あの時行ってて良かった。」と思います。2/7まではこの辺も自粛ムード。もちろん私も「県外なんてダメ!」と言われています。

〇で、その時使ったのがこれ

大人のパス
(大人の休日俱楽部パス)

〇JRの「大人の休日俱楽部」に入会すると買える「親父のハイパー青春18きっぷ」です。4日間JR東日本管内の鉄道全て乗り放題(グリーン車とか贅沢な車両はダメ)。欠点は50歳以上じゃないと会員になれないこと、です。私のような遊牧民にすごく便利です。

〇長靴にスパイクソールまでつけて、汗だくで歩いて何がそんなに楽しいのか、と1人問い続けた4日間。歩き旅など1人もいない、しんと静まり返った冬の奥州街道を黙々と進むと、なぜか道と同化していくような自分と出会えました。「これが旅というものなんだろうね。」と新境地。菅江真澄にちょっとだけ近づけたような、でもまだまだ遠いような、何事も続けていくと見えてくるものもある、そんな気がしました。ここを歩くことが自分にとって必要なことなのかもしれない、とも思いました。理由は分かりませんが、なんとなくそんな気がしました。東北の寒村をつなぐ細道。「街道も 私の心も 点と線」・・・いつかつながりそうです。

〇4日間の旅日記も後でまとめて書き留めます。


人気ブログランキング

雪が教えてくれた転職

〇今年2回目の雪下ろしです。お勤め先のこの冬の累積降雪量は5Mを超えました。毎日薄暗い早朝に雪堀の早出出勤です。オレンジ色の大型グレーダーが回す黄色いライト。すれ違うブルのキャタピラーの轟音。除雪車が吹き飛ばす大量の雪煙。空き地に放置され雪の重みでパンクしている車。田んぼに落ちてひっくり返った車。警察官が赤い点滅ライト棒を振り回す横で煙筒を焚きながらチェーンをかけているトラックの運転手。そんないつもの光景の中を走りながら最後のコンビニで100円コーヒーで暖をとったら「どれっ、んぐぞ!」と気合で雪山に乗り上げます。

〇ヘッドライトほどの高さの新雪の中をアクセルを強めに踏み込み走り抜けます。止まれば雪に埋まります。ハンドルを取られても、とにかく前に前に進みます。1時間遅ければ除雪車が掃いた道路を行けますが、それでは除雪時間に間に合いません。格闘20分、白紛まみれの車を停めて下りればユンボが勤務先の駐車場をフル稼働。急いでスノーダンプとスコップとつるはしを持って「おはよっす!ありがどさまです!」と運ちゃんにご挨拶。ブルが積み上げた背丈の3倍ほどの雪の山脈に鉱山夫のように黙々とスコップとつるはしをぶつけていきます。

〇ずっと繰り返してきた冬の朝の日常。夏は猛暑、というか40度に達する酷暑。鍛えられる気候だ、と思います。

〇ツルで氷を割り、スコップで崩し、それをスノーダンプで運んで消雪溝に捨てる。この作業を繰り返すと、雪山を自分の人生に置き換えてしまう自分がいます。掃いても捨てても雪山は成長します。それでも雪堀を続けないと駐車スペースがなくなります。でも、雪山を頑張って小さくして消しても、それはもとに戻るだけ。なんにも変わらず、全然儲からず、腰を痛めます。「俺の人生こんなもんか?」と思うと「ふざけんなあ!」と汗だらけで必死に掘りまくります。「無理すんなよ!わがぐねーんだがら!」と周りから笑われます。そうじゃない、これは俺の人生なんだ!と思っているうちに、悟ったことがありました。簡単なことでした。「山形を出ればいいだけだ。もう十分貢献したよ、俺。」と思いました。雪山が教えてくれました。「雪堀しないで生きられる土地もある。日本にも、海外にも。」と。

〇これからは自分のために生きてもいいんじゃないか、と思います。子供も大学に行きました。卒業すればもうこの県には帰って来ません。私もここから先の10年間は違う土地で、もっと稼ぎが身になる土地で働きたい、と思いました。

〇人生100年。私はまだ折り返し点を過ぎたばかり。生涯現役を目指す私。かといって今のままでは使えないオヤジです。山形を卒業するため「結構それむずいよ!」という資格を1つ、とってみたいと思います。50歳過ぎで転職をという無茶ブリですが、失敗してもプラスにこそなれ失うものがありません。とりあえずチャレンジしてみます。2年先を目標に「転職計画」発動です。


人気ブログランキング

散歩してなにが楽しいのか

〇ブログをはじめて5年が過ぎました。当初はメタボ脱出までの健康管理日誌として自分への励ましにつけたのがはじまりです。

〇6年前は小山に登って痩せようとしていたようです。あまり続かず1年もしないうち「平地の方が楽」と、知らない近所の街歩きをはじめました。これがハマって、5年前から約2年かけて山形県の全市町村の散歩をしました。故郷の風土を知るいいきっかけとなりました。

〇3年前からは2年かけて宮城県の全市町村を散歩しました。お隣なんですが、ずいぶん気候や風土が違うものだと思いました。

〇2年前から福島県の散歩に入りますが、街中散歩をしているうちに、街の発生の起源は道にあることを肌身で感じた私は、旧街道を歩きはじめました。羽州街道、奥州街道から、長期休暇には東海道と主要街道を歩きまわりました。

〇「旧街道歩いて何が楽しいの?」とか「時間がもったいない。」とか「勉強した方が身になる。」って言う人が良くいます。私もそう思います。なんの役にも立ちません。楽しいのか、と聞かれれば「私は楽しいよ。」と答えています。

〇道は昔からそこに住む人に文化や産物をもたらし、同時に疫病や悪人を連れてきました。旧街道歩きとは、歴史へのいざない。かつてそこを歩いた人がいて、峠で一服つけ、また歩いて、道がクロスする辻には人がたむろし、語り合い、市が立ち、街を作ります。地面が行き交う人々の足で踏み固められ、地名がつけられ、宿場が建てられ、アスファルトとトンネルが出来て、今に至ります。

〇旧道を自分の足で歩きながら、何を夢見てどんな思いで歩いたんだろう、と想像したり、半ば廃道化した場所を歩けば、なんで廃れたのだろう、とか、その後人々はどの道を行き来したのだろう、とかいろいろ考えます。当たっても外れてもそれはすごく楽しい推理ゲームみたいなもんで、街道歩きの楽しさはそんなところにあるんだろうと思います。

旧道沿いのバス停
(例えば人家もまばらな旧道にポツンと立つバス停。このバス停が作られたころ、ここがどんな場所だったのか、推測できますか?また、過疎化がすすんだ理由は何ですか?)

・・・その推測が当たった場合は楽しいです。でも大きく外れても「なるほどねえ。」という理由があったりします。それもまた楽しい、と思える人に旧道歩きはおすすめです。「だからなんだよ?」とか「考えたくもない。つまらない。」という人にはあいません。向き不向きがあります。

〇もちろん体にもいいです。なにせ徒歩で歩きまくるわけですから。ブログをはじめてから私の体重は6キロ程落ちました。現在進行形であり、1年1キロペースで贅肉が落ちています。

〇何事にも好奇心が旺盛な方なら、是非「旧街道ウォーク」、おすすめします。ハマると思います。


人気ブログランキング

旧奥州街道を歩く 大河原宿~岩沼宿

〇宮城県全市町村散歩をはじめたころ、この大河原町にきました。あの頃は散歩の楽しさを覚えたころで、とにかく毎週のように宮城に繰り出していました。

大河原町の橋
(前は白石川の右岸を、今回は街道のある左岸を歩きます)

大河原宿
(川を渡ればすぐ大河原宿です)

〇道なりに歩くとやがて

落ちた橋
(やがて道は川で途切れます)

〇対岸に穴のようなものがあります。橋が落ちたのかもしれません。迂回して4号線を歩きます。

〇ここから、少し行くと

柴田町境
(一里塚の跡があり)

東は槻木村
(村境の碑があります。ここから東が槻木村、という意味でしょう)

〇この柴田町は歴史保存に注力する町のようで、あちこちに看板があります。

船迫宿から十八津入へ
(船迫宿から十八津入を縫う旧道。名前から程遠い山道)

〇水運の名残のような地名。江戸期の地図がありました。

船迫宿の地図
(左の小さな地図の青い線が今の白石川、黒いのがかつての流れ(旧白石川)です。奥州街道は黒い流れに沿うように道が続いています)

〇河川の大改修で地名だけ残った宿場。地元の方の歴史を残そうという思いが伝わります。こういうのって大事だと思います。

〇旧河川に沿うように湾曲する街道。

宮城は暖かい
(快晴。暑くてアウターやミドルを脱ぎます。奥羽山脈を越えた50KMほど西側の地は氷点下+ドカ雪。気候が違いすぎます)

槻木宿
(槻木宿本陣付近を通過)

阿武隈川と奥州街道
(阿武隈川を見ながら奥州街道をたどっていきます)

〇奥州街道は時として細く

これでも奥州街道
(こんな風にもなりますが)

〇地図を見ながらなんとか岩沼につきました。

岩沼に到着
(2日で大河原町から名取市を歩きました)

〇本日のお散歩は27KM。昨日と合わせてちょうど50KMでした。

〇また来年、旧街道を歩きたいです。


人気ブログランキング